TWSのキャリアパス Career Paths

TWSのキャリアパス

TWSでは、社員一人一人の1年後・5年後・10年後を考えたキャリアパスを設定し、社員それぞれが将来の自分の理想を描きやすい環境を整えております。

キャリアパス 研修内容
経験年数 役割 研修 ITスキル研修(例)
初年度 新卒社員 新卒研修
全社員研修
ビジネスマナー・コミュニケーション研修
資格:ITIL、ITパスポート、情報処理系、情報セキュリティ技士 ※各種資格取得支援
技術:プログラミング、データベース、ネットワーク、webデザイン研修、データベース ※初級編
2年目 若手社員 初級SE 初級プログラマ
運用保守
全社員研修
新卒研修(講師側)
資格:情報技術者試験、初級ベンダー資格 ※各種資格取得支援
技術:インフラ(サーバ/ネットワーク)、webデザイン ※応用編
3~7年 中堅社員 中級SE 中級プログラマ
シス基運用・構築
全社員研修
リーダ研修
若手社員向け研修講師補助
資格:応用情報処理技術者試験、中級ベンダー資格 ※各種資格取得支援
技術:インフラ(サーバ/ネットワーク)、Webデザイン ※応用編
5~10年 初級管理職 上級SE 業務系
IT系
マネージメント
監査
コンサルティング
全社員研修
マネージメント研修
事業計画作成
資格:高度情報処理技術者試験、上級ベンダー資格 ※各種資格取得支援

人事部担当より

当社テイルウィンドシステムの社訓の中に
【個人を尊重し、個人と会社の目標を一致する】
という一文があります。

会社より先に個人があり、個人を尊重した上で、個人の目標(キャリアパス)を設定しようという考えです。よって、ここに掲載されているキャリアパスは、テイルウィンドシステムにおける一般的なキャリアパスであり、自分独自のキャリアパスを画くこともテイルウィンドシステムでは可能です。
「自分でキャリアパスを画けないよ。」という人も中にはいます。その時は、IT業界で経験豊富な部長が『進路相談室』を実施し、相談にのってくれます。

テイルウィンドシステムには、異業種からの中途入社の方が大勢います。焼肉チェーン店の店長をしていた人だったり、アパレル業界で販売員をしていた人だったり。毎年入社する新卒社員には、ITに無縁の学部・学科から入社する方も大勢います。
ITの基礎知識のない人たちが毎年大勢入社してくるので、個人個人がどのようにITのキャリアを形成していくかが、テイルウィンドシステムでは非常に重要になります。
社員一人ひとりのキャリアパスを設定し、キャリアパス形成のためにどのように会社がサポートしていくかが、事業継続において優先度の高い課題になっています。

また、テイルウィンドシステムでは良く言われている言葉があります。
【技術の前に人ありき】
という言葉です。「Personality is the best strategy」。つまり人柄、人間力が最高の戦略であり、IT技術だけ高くてもダメだということです。
人柄、人間力の向上も、キャリアパスでは重要な要素と考えています。
それは、教えてもらう側だけでなく、講師・指導者・管理職でも言えることです。私と同郷の大日本帝国海軍 連合艦隊司令長官 山本五十六は、言っています。

やってみせ 言って聞かせて させてみて ほめてやらねば 人は動かじ
話し合い 耳を傾け 承認し 任せてやらねば 人は育たず
やっている 姿を感謝で見守って 信頼せねば 人は実らず

全ての社員が、人間力溢れるリーダーとして活躍できるようになることも、目標の一つとしています。

テイルウィンドシステムは、個人を尊重し、社員のIT技術力と人間力を大切に育てることで、IT業界と社会の発展に尽力し続けます。

Page Top

Copyright © 2017 (株)テイルウィンドシステム All rights Reserved.