厄年

厄年には本厄以外にも前厄や後厄などがあるのは誰でも知っているのではないかと思う。かくいう私も今年は本厄、しかも一生に一度の大厄の年に当たる。厄年とは、例年より災いが降りかかりやすくなる年だと言われ、慎ましく用心して過ごすようにという戒めが込められている。対象となる年齢は男女で異なっており、いずれにしても体調や精神的、環境等の変化が多く現れる年であると言える。一説によると厄年の「厄」は「役」と同等の意味を持ち、仕事の責任、子供への責任等、背負うものが出来る年齢であるとも言われているそうだ。私は昨年、体調を崩し、入院する事になった時期がある。今年は厄年だからと周りに更に注意しなければと注意を受け、年始には厄除け祈願へ行ったりもして、この一年を無事に過ごせるよう気を付けている。今までの私はと言うと仕事やプライベートでも不摂生をしがちで、とても健康的とは言えない生活を送っていた。しかし、こうして周りから気をつけろと口を酸っぱくして言われると、さすがに何か行動しなければと思っての厄除け祈願であった。これにはやはり当事者意識が強くかかわっている。自分が当事者になると意識した途端に焦ることになるのだ。仕事でもそうだが、当事者意識がパフォーマンスの良し悪しを変えると言っても過言ではない。人に言われるより先に、常に当事者意識を持って臨んでいきたい。

取得情報

ISO-27001

IS 578154 / ISO 27001

ISO認証取得

  • 立川本社
  • 鳥取支社
  • TWS総合研究所

認証範囲:

  • コンピュータソフトウェア受託開発
  • システムエンジニアリングサービス
  • 情報システムの運用・保守
  • パッケージソフトウェアの開発・保守
  • コンサルティング事業、トレーニング事業及び情報セキュリティ事業

ISO-9001

FS591336 / ISO 9001

ISO認証取得

  • 立川本社
  • 鳥取支社
  • TWS総合研究所

認証範囲:

本社及び鳥取支店にて行う以下の業務

  • コンピュータソフトウェア受託開発
  • 情報システムの運用・保守
  • パッケージソフトウェアの開発・保守
  • TWS総合研究所で行うコンサルティング事業、トレーニング事業及び情報セキュリティ事業

ISO-9001

EMS602917 / ISO14001

ISO認証取得

  • 立川本社
  • 鳥取支社
  • TWS総合研究所

認証範囲:

  • コンピュータソフトウェア受託開発
  • システムエンジニアリングサービス
  • 情報システムの運用・保守
  • パッケージソフトウェアの開発・保守
  • コンサルティング事業、トレーニング事業及び情報セキュリティ事業

ISO45001

OHS 692647 / ISO45001

ISO認証取得

  • 立川本社
  • 鳥取支社
  • TWS総合研究所

認証範囲:

  • コンピュータソフトウェア受託開発
  • システムエンジニアリングサービス
  • 情報システムの運用・保守
  • TWS総合研究所
    コンサルティング事業、トレーニング事業及び情報セキュリティ事業

プライバシーマーク

当社は、個人情報の適切な取り扱いを行う事業所にのみ許可される「プライバシーマーク」の付与認定を受けています。

セキュリティ対策自己宣言

株式会社テイルウィンドシステムは社員が働きやすい環境作りに取り組み、平成29年度の東京都ライフ・ワーク・バランス企業として認定を受けました。

テイルウィンドシステムグループ方針

プライバシーポリシー