標的型メール攻撃

M・Iさん(♀)

標的型メール攻撃というのは、特定のターゲットに対し、悪意のある添付ファイルやURLを送り付け、個人情報等を盗み取るというサイバー攻撃の一つだ。あるお客様からこの標的型メール攻撃の模擬訓練を依頼され模擬訓練を行ったのだが、1回目のメール開封率は30%。2回目は更に巧妙に装って開封率を上げようとしたところ、逆に開封率が5%程度に留まってしまった。何故開封率が一気に下がってしまったのかをお客様に確認したところ、模擬訓練の当日に訓練を実施すると知らなかった社員の一人が、標的型メール攻撃について注意喚起したからであった。お客様は模擬訓練が失敗してしまったと気落ちしていたが、訓練は失敗ではない。1回目の模擬訓練の結果がちゃんと活かされ、常日頃から自分たちで注意喚起するようになった結果、開封率が5%に留まったのであり、逆に訓練は成功したと言えるのではないか。オリンピックが近づくと、標的型メール攻撃以外にもサイバー攻撃は更に巧妙さを増しながら増えてくる。私達も常日頃からサイバー攻撃の脅威を認識し、普段の日常でも気を緩めず気を付けていきたい。

取得情報

ISO-27001

IS 578154 / ISO 27001

ISO認証取得

  • 立川本社
  • 鳥取支社
  • TWS総合研究所

認証範囲:

  • コンピュータソフトウェア受託開発
  • システムエンジニアリングサービス
  • 情報システムの運用・保守
  • パッケージソフトウェアの開発・保守
  • コンサルティング事業、トレーニング事業及び情報セキュリティ事業

ISO-9001

FS591336 / ISO 9001

ISO認証取得

  • 立川本社
  • 鳥取支社
  • TWS総合研究所

認証範囲:

本社及び鳥取支店にて行う以下の業務

  • コンピュータソフトウェア受託開発
  • 情報システムの運用・保守
  • パッケージソフトウェアの開発・保守
  • TWS総合研究所で行うコンサルティング事業、トレーニング事業及び情報セキュリティ事業

ISO-9001

EMS602917 / ISO14001

ISO認証取得

  • 立川本社
  • 鳥取支社
  • TWS総合研究所

認証範囲:

  • コンピュータソフトウェア受託開発
  • システムエンジニアリングサービス
  • 情報システムの運用・保守
  • パッケージソフトウェアの開発・保守
  • コンサルティング事業、トレーニング事業及び情報セキュリティ事業

ISO45001

OHS 692647 / ISO45001

ISO認証取得

  • 立川本社
  • 鳥取支社
  • TWS総合研究所

認証範囲:

  • コンピュータソフトウェア受託開発
  • システムエンジニアリングサービス
  • 情報システムの運用・保守
  • TWS総合研究所
    コンサルティング事業、トレーニング事業及び情報セキュリティ事業

プライバシーマーク

当社は、個人情報の適切な取り扱いを行う事業所にのみ許可される「プライバシーマーク」の付与認定を受けています。

セキュリティ対策自己宣言

株式会社テイルウィンドシステムは社員が働きやすい環境作りに取り組み、平成29年度の東京都ライフ・ワーク・バランス企業として認定を受けました。

テイルウィンドシステムグループ方針

プライバシーポリシー