現状-原因=効果

Y・Kさん(♂)
Y・Kさん(♂)

新卒の皆もこの3カ月で様々な研修を受けたと思う。私が過去に受けた研修で非常に心に残っているのが「問題解決の仕方」についてだ。何か問題が起きた時には「現状-原因=効果」という式にあてはめて考えると良いそうだ。例えば寝坊により遅刻をした人がいたとする。まずは自分が遅刻したことによって起こりうる状況(=現状)を洗い出してみる。周りに迷惑をかける、仕事が遅れてしまう、評価が下がる等が挙げられるだろう。次に原因を洗い出す。就寝時間が遅かった、目覚まし時計のかけ忘れ、かけ間違い等が考えられる。これらの事柄から解決法方として、目覚ましを増やす、前日はあまり遅くまで起きていない、等を導き出すことができる。このように、現状、原因を出来るだけ掘り下げて考える事で問題解決の一歩に繋がるだろう。

取得情報

ISO-27001

IS 578154 / ISO 27001

ISO認証取得

  • 立川本社
  • 鳥取支社
  • TWS総合研究所

認証範囲:

  • コンピュータソフトウェア受託開発
  • システムエンジニアリングサービス
  • 情報システムの運用・保守
  • パッケージソフトウェアの開発・保守
  • コンサルティング事業、トレーニング事業及び情報セキュリティ事業

ISO-9001

FS591336 / ISO 9001

ISO認証取得

  • 立川本社
  • 鳥取支社
  • TWS総合研究所

認証範囲:

本社及び鳥取支店にて行う以下の業務

  • コンピュータソフトウェア受託開発
  • 情報システムの運用・保守
  • パッケージソフトウェアの開発・保守
  • TWS総合研究所で行うコンサルティング事業、トレーニング事業及び情報セキュリティ事業

ISO-9001

EMS602917 / ISO14001

ISO認証取得

  • 立川本社
  • 鳥取支社
  • TWS総合研究所

認証範囲:

  • コンピュータソフトウェア受託開発
  • システムエンジニアリングサービス
  • 情報システムの運用・保守
  • パッケージソフトウェアの開発・保守
  • コンサルティング事業、トレーニング事業及び情報セキュリティ事業

ISO45001

OHS 692647 / ISO45001

ISO認証取得

  • 立川本社
  • 鳥取支社
  • TWS総合研究所

認証範囲:

  • コンピュータソフトウェア受託開発
  • システムエンジニアリングサービス
  • 情報システムの運用・保守
  • TWS総合研究所
    コンサルティング事業、トレーニング事業及び情報セキュリティ事業

プライバシーマーク

当社は、個人情報の適切な取り扱いを行う事業所にのみ許可される「プライバシーマーク」の付与認定を受けています。

セキュリティ対策自己宣言

株式会社テイルウィンドシステムは社員が働きやすい環境作りに取り組み、平成29年度の東京都ライフ・ワーク・バランス企業として認定を受けました。

テイルウィンドシステムグループ方針

プライバシーポリシー