本日の朝礼 3分間スピーチ

 テイルウィンドシステム立川本社の一日は朝礼から始まります。まず全員で社訓を唱和した後、日替わりで社員1人がスピーチを3分間行います。話す内容は自由で、得意とするITやシステム開発の話から家族のこと、時事ネタまでその人の個性が窺えます。3分間スピーチは、採用されたばかりの新入社員は緊張もしますが人前で話す訓練にもなり、時代をリードする人財へと変わっていくきっかけになっています。



contact 脚下照顧

2017.09.19(Tue) K・Iさん(♂)

20170919

先日、法事で和尚の講話を頂く機会があった。このお寺のトイレの出入り口には「脚下照顧(きゃっかしょうこ)」と書かれた札が貼られている。漢字では足元を照らして顧みると書く。直接的な意味としては「自分の足元をみて正しなさい」と取られるが、禅の語では「自分の行いを振り返ってよくよく反省し、自分の本性を見なさい」という戒めの意味があるそうだ。常に自分自身を振り返って反省し、人に対して思いやりを持って行動することを説いている。これは人が見ているところだけではなく、トイレのような他人に見られないところでこそ、きちんと履物を揃えて次の人のために思いやりを持った行動をしなければいけない。人はみな菩薩様なのだそうだ。菩薩とは仏になるために相手に対して思いやりを持って接し、相手のために自分をささげて修行をしている人のことを言う。仏になれるよう助け合いながら、思いやりを持った生活していくことを心掛けると良いとおっしゃていた事に感銘を受けた。普段から意識して実践していきたい。




contact かっこよく

2017.09.15(Fri) H・Nさん(♂)

20170915

昨日、バングラディッシュでバッグを製造販売するマザーハウス代表の山口絵理子氏の特集をテレビで見た。小学生時代にイジメに遭い、その反動で中学生の頃は非行に走ったそうだ。そんな彼女を変えたのは、柔道との出会い。工業高校に入学し、猛烈な練習の末、全国7位の成績を収めた。その後、勉学にも精力を注ぎ、慶応大学にストレートで合格。在学中にバングラデシュを訪れたことがきっかけでビジネスを始めたそうだ。立ち上げに際しても様々な困難に見舞われたとのことだが、自分ができると信じればとてつもないことができる、自分の能力を見出して引き上げていけばチャンスがある、と言われていたのが印象的だった。そんな彼女を単純に「かっこいい」と思った。私はこの「かっこいい」という言葉が好きだ。自分もかっこいいと言われたい、かっこいいと思われる生き方をしてみたいと常に思っている。私も新たな事業にチャレンジし「かっこよく」成功を収めたい。




contact 3つのwith

2017.09.14(Thu) Y・Kさん(♂)

20170914

私の住まいの近くには放水路が多くあり、暇があれば散歩をしている。そこではよく、ボートを練習している様子を見ることが出来るのだが、中でもレガッタの練習風景は見ものだ。レガッタとは4人一組となり、進行方向とは逆向きに座って漕いでいく競技だ。皆の息がピタッと合うと見ていても気持ちが良いほどのスピードで進んでいく。目標達成には3つの『with』が大切だ。共に語り、共に築き、共に行動する事。TWSの事業拡大に向け、スピードアップを図るためにも、一つの方向へ向かって、皆で協力していけるよう尽力していきたい。




contact 今の不安をちっぽけに

2017.09.13(Wed) E・Yさん(♀)

20170913

入社して早いもので1年半が経った。昨年の5月、初めてのプロジェクトに配属される前日に3分間スピーチを担当し「良いチームを作るにはリーダの力も大切だが、フォローワの力が重要となる」という話をしたことを思い出した。この1年半、様々な考えの人がいる中で人間関係に悩んだこともあった。コミュニケーションを積極的に取ることは普段から気をつけていたつもりだったが、ちょっとした事でリーダを怒らせてしまい、結局プロジェクトが終わるまでギクシャクしたままであった。あの時、お互いの思いを声に出して伝え合っていればここまでこじれる事はなかったはずだ。コミュニケーションスキルとはいかなる状況下においても使わなければ意味がないと思い知った。また、スキルアップについての重要性を再認識している。現在、次のプロジェクトに向けた新しいスキルを身につけるべく勉強勉強の毎日だ。またいつか、こうやって3分間スピーチをする際に今こうやって悩んでいることや、不安なことが、ちっぽけに思えるように頑張っていきたい。




contact 自分の「型」を打破する

2017.09.11(Mon) Y・Tさん(♀)

image1

この度、TWS総研の打川社長による新刊「ISO9001文例集」の刊行にあたり、そのプロセスに携わることができた。私達は校正プロセスで、誤字脱字がないか、著者の意図が伝わる文面になっているか?など様々な点を確認したが、自分では気がつかないような指摘が他のメンバーから出てくるのを見て、これまで校正を経験した中で無意識に自分の「型」のようなものができて視野が狭まっていたかもしれないと感じた。このような現象は普段の業務の中でも皆に起きることだと思う。これを打破するために、自分の視野が狭まっていると感じた時には一度そのことから距離を置いてストレッチをしたり、初心に戻ってから改めて物事に取り組めば、視野をまっさらな状態に戻して、仕事の中の新しい価値に気付けるかもしれないと感じた。




contact 国際識字デー

2017.09.08(Fri) Y・Kさん(♂)

20170908

本日は「国際識字デー」である。国際デーの一つで1965年にユネスコにより宣言されたそうだ。「識字」とはあまり耳慣れない言葉であるが、簡単に言うと「文字の読み書きが出来る事」ということだ。日本では当たり前ではあるが、世界ではおよそ8億人が識字能力がない、もしくは低いと言われている。特に多いのは南アジアや西アジアだそうで、そのうち2/3が女性である。つまり識字率から、貧困と性差別を読み解くことも出来るのだ。日本では教育は義務であり、ほぼ100%識字能力がある。それは非常に恵まれた環境であるということを認識しなければならない。今こうして仕事が出来るのも、本やネット等で情報を得る事が出来るのも識字能力があってこそだ。このように豊かな生活を送ることが出来ることの素晴らしさを改めて感じる日にしてはいかがだろうか。




contact 自分に自信を持つ

2017.09.07(Thu) M・Iさん(♀)

20170907

ある大きな企業から依頼があり、サイバーセキュリティ対策訓練についての案件を受注した。サービスの一つでもある標的型メール訓練も数万件単位で送信しなければならず、一つひとつの動作に注意が必要となってくる。そもそも受注を受けるにあたり、まだ実績のない自分がどのように話を進めれば良いのかも分からず、常に不安な気持ちで対応していた。それはお客様も同様で打合せ当初は、信用されていないなと感じる事が多かった。しかし回数を重ねるにつれ、こちらの提案に乗っていただいたり、肯定していただけることが増えてきたことで、徐々にではあるが自信に繋がってきた。やるべき事をしっかりとやっていればどのような相手に対しても引け目を感じる必要はない。今後も更に勉強し、良いサービスを提供していきたい。




contact 時差ビズ

2017.09.06(Wed) T・Iプロモーションマネージャ(♂)

20170906

東京都で推奨している取組みに「時差ビズ」がある。どのような取組みかと言うと、東京の通勤電車=超満員で混雑率100%は当たり前、200%近くまでになる路線もある程だ。私は通勤にかかる乗車時間は10分程度の為、そこまで辛い思いをしたことはないが、平均的には1時間程度と言われており、そのような中に毎日1時間も身を委ねなければならないサラリーマンは本当に大変だと思う。そのような通勤ラッシュを緩和するため、多様なライフワークを定着させるべく「朝が変われば毎日が変わる」とのキャッチフレーズの下、時差Bizの取組が始められたそうだ。参加している企業の取り組みとしては、時差出勤を実施したり、フレックスタイム制の導入、在宅勤務の実施等が挙げられる。通勤時間帯をずらすことで、保育園の送り迎えに協力出来たり、早めに帰宅して家族と過ごしたり、自己研鑽にスクールに通ったり等、今までとは違った時間の使い方が可能になる。TWSにおいても、ライフワークバランスの認定企業として、このような取組みを積極的に行っていくことで、働き方改革を進めていってはいかがだろうか。




contact デザインナンバープレート

2017.09.05(Tue) N・Fさん(♀)

20170905

先週、日本海新聞に鳥取県版車のナンバープレート図柄候補という記事が掲載されていた。全国から応募があった205点を18点に絞り込み、県民アンケートや県内市町村への意見照会を踏まえて2次選考を実施したそうで最優秀作品として島根デザイン専門学校の1年生がデザインしたナンバープレートが選ばれた。選ばれたナンバープレートには、鳥取県を代表する鳥取砂丘を中心に、二十世紀梨や大山、海などがデザインされていた。しかし、普通車のナンバープレートは白の為、どんなデザインをしても問題ないと思うが、軽自動車やタクシーやバスなど色のついたナンバープレートの場合はどうなるのか等、実際に出来上がってみるまでは気になるところだ。普段見慣れているナンバープレートが変わるのは多少違和感を感じるが、県の観光地や特産品をナンバープレートにデザインすることよって、鳥取県のようにあまり知られていない県であればあるほど、他県へのPRとなる良い取組みではないかと感じた。




contact プラスのエネルギーを充満させる

2017.09.04(Mon) H・S統括部長(♂)

20170904

先日、仕事でもとてもお世話になっている方が主催するBBQ会に参加させていただいた。その方とは迎社長を通じて知り合ったのだが、いつも明るく前向きで、自分に無いものを持っており、自然と応援したいという気持ちにさせる、人を惹きつける力を持った人だと思う。今回のBBQにも100名以上の人が参加しており、その方の人望の厚さを垣間見る事ができた。では、どういう人が人を惹きつけるかと考えた時に、ネガティブキーワードを発していないという事に気が付いた。ポジティブな言葉しか言わず、それ故、期待して希望を持つ事が出来る。以前にも話したことがあるが、言葉は魂を宿している。自分が発した言葉が自分を創り出す。プラスの言葉を発していれば、自然とプラスの影響を自分や周りに与えることになるのだ。私も身近にいる尊敬すべき人を見習い、ポジティブに言動していく事で、会社全体をプラスのエネルギーで充満させていきたい。




contact 発想の転換、革新性を見抜く力

2017.09.01(Fri) 迎社長(♂)

20170901

月日が経つのは早いものだが、その中でも如何にして足跡を残せたかが大切だ。日々成長とは、言うは易し行うは難し。目標があっても目的が無い為に、何のためにやっているのか分からなくなってしまうのが現状だ。今、主眼を置いているのは社会的責任を果たしながら、利益を上げることだ。先日、ある企業の上場記念パーティに招かれた。TWSと見た目は大きく変わらない企業でありながらも、所々に熱い想いを感じ取れたのが印象的であった。現在TWSではTTPグランプリや新規事業アイデアコンテスト等、社員やご家族に至るまでアイデアを募集し、新たな取組みを始める為の活動が活発だ。特化した技術を持つ事、第三者から評価を得る事に意味がある。今、MUFGがフィンテック企業との協業に躍起になっている。ここまで都市銀行を突き動かしているのは危機感に他ならない。先般、銀行法が改定された事で、金融サービスをほぼ独占してきた従来の金融機関には無かった独自のアイデアにより開発されたアプリが注目を集めている中小企業が現れてきたからだ。既に利用者数は500万人を突破し、破竹の勢いで拡大している。発想の転換、革新性を見抜く力、成長の機会は十二分にある。出遅れる訳にはいかない。レベルの高いところを目指し、ワクワクする気持ちを大切にし、次へ繋いでもらいたい。




contact 追い詰めず許容する

2017.08.31(Thu) K・Sさん(♀)

20170831

現在の日本では自殺者が年間3万人ほどいるそうで、約10年でアイルランドの人口に匹敵する人数が自ら命を絶ってしまっている現状だそうだ。これは先進諸国の中でもワーストだそうで、特に若者の死因としてトップに自殺があるのは他に類を見ないそうだ。では何故そのような状況になってしまうのかと考えた時に、昔から言われているのは精神的、経済的に困難な状況に陥ってしまった場合に死を選ぶ人が多いということだ。それに加え、近年ではインターネットの普及により恐怖を軽減してしまったり、自殺を推奨するような書き込みも多数見られる為、簡単に踏み切ってしまう人も多いのだそうだ。それだけ多いと言われている中でもこれといった対策が取られていない事もあり、年々増え続ける一方である。ある人が、日本は最低限できなければいけないことや持っていなければいけないものが多すぎると言っていた。自分ではどうにもできないという絶望感から死を選んでしまう。そうではないんだという事をもっと周りから伝えるべきだと私は思う。出来ない事を罵るのではなく、丁寧に教えてあげる事で負の感情を持つことなく過ごせるのではないか。追い詰めるのではなく、許容していく事が大切である。




contact 歯医者の見分け方

2017.08.30(Wed) Y・Y取締役(♂)

20170830

歯医者に通っているという方は多いのではないかと思うが、口の中を清掃したり磨いたりする機械、ハンドピースと呼ばれいているそうだが、毎回きちんと消毒している医院は実は半数程だという。唾液や血液も付着する可能性があり、院内感染の危険も考えられる。にも関わらず、何故このような事態が横行してしまうのか。それには医療費と消毒に係る費用が見合わない事が原因として挙げられる。治療費として請求している金額は500円程度なのに対し、消毒には1000円程かかってしまうそうなのだ。その辺りをしっかりと行っているかどうかを見極めるのには「歯科外来診療環境体制加算施設基準届出歯科医院」である旨の記載が掲示してあるかを見つける事だ。また2年に一度、費用の見直しも行われることから、多少の値上がりは覚悟していかなければ、受診者としての衛生も守れないのだと認識していかなければならないだろう。




contact とっとり産業技術フェア

2017.08.29(Tue) Y・Aさん(♀)

20170829

今週の日曜日に開催される「とっとり産業技術フェア」というイベントに初参加する。鳥取産業技術フェアは一般県民の皆さまや企業の方々に研究機関の技術や県内企業の優れた製品等を展示・実演をし『鳥取にはこんなすばらしい技術が実はあったんだ!』と知っていただく場で、技術への興味と県内企業の魅力を知ってもらうことを目的としたイベントとなっている。一昨年までは企業向けに県内企業がどんな事をしているかを知ってもらう為だけのフェアであったが、去年からはこどもたちが将来、鳥取県内の企業で働いていただく為にもどんな企業があり、どんな技術があるのか広く知っていただく為のフェアに変わった。TWSとしてはCS-TWiStの営業につなげる事はもちろんだが、一人でも多くの方にTWSを知っていただけるよう尽力したい。




contact M&Aの有効性

2017.08.28(Mon) K・A統括部長(♂)

20170828

先日、ある企業の上場記念パーティーに招待され、迎社長と共に参加させていただいた。まず圧倒されたのが、パーティーの始まりに社訓唱和があり、そこに参加している人全員が全力で声を出していると感じられる程の大声であった事だった。TWSでも朝礼や会議では社訓唱和をするが、もっと出来るのではないかと感じた。また、会社の成り立ち等、話を聞けば聞くほど、TWSと似ていると感じるところが多く、非常に興味深かった。規模や職種等も似ているところの多いが、唯一の大きな違いがM&Aを行っている事であった。私自身、M&Aに対して分からないことも多く、あまり積極的な思いはなかったが、よくよく聞いていると、今の自社に、必要だが足りないスキル、製品、知識等を他社より買い取り、吸収して補い合って拡大しているという。いきなりは難しいとは思うが、いづれはそのような形でも実施し、業務拡大していけるよう尽力したい。




contact 速読を仕事に生かす

2017.08.25(Fri) M・Tさん(♂)

20170825

先日、ファミリーデーに夫婦で初参加させていただいた。妻はIT業界での就業経験はないが、チャットを使ってコミュニケーションを取ることが多いため、タイピング速度が速い。その甲斐あってか、見事奥様部門で3位に入ることが出来た上、賞品もいただけたため、とても喜んでいた。私はというと表示されている文字を理解して文字を打ち込むという作業が苦手なため、このようなタイピングは苦手である。PC操作のみならず、本を読むのにも時間がかかる為、速読の本を読んでみた。そこでは速読を「光の読書」という言い方で紹介されており、速読ではない読み方を「音の読書」と表現し、それを如何に「光の読書」へ近づけるかの方法を記憶法と共に記載されていた。一文字ずつ目で追うのではなく、2行以上を一緒に見ることで全体をイメージしながら理解していくのだ。これをマスターすれば1ページ分を一瞬で読み、理解することが出来るそうで、仕事の効率アップにも一役買いそうだ。




contact 家族の大切さに気付く

2017.08.24(Thu) T・M事業部長(♂)

20170824

昨日は会社でファミリーデーが開催された。私も家族5人で参加したが、改めて家族の支え、協力や理解を得る事の大切さを思い知った。TWSでは社報やイベントで会社の雰囲気を家族へ伝えるという取り組みはもちろん、随所にちょっとした気遣いをして社員だけでなく家族を大切にすることで満足度を高めている。採用や離職率の低下による社員の定着について、各企業で様々な取組みがなされており、先日訪問した企業では、職場の1階が託児所、2階が事務所となっており、朝1階で預けた後そのまま2階で仕事をし、一緒にお昼を食べたり、昼寝の寝かしつけをしたりしてから再度仕事に戻れる、というところがあった。TWSにおいても子供の行事等は最優先で休んで良いと言われており、またこうして年に何度も行われるイベントへも当然のように参加させてもらっている。会社への感謝、家族への感謝を忘れずに、日々業務に励んでいきたい。




contact 家族への感謝

2017.08.23(Wed) J・Aプロモーションマネージャ(♂)

20170823

子育てについて、悩むことは後から後から出てくる。生まれたばかりの頃は、どうやって抱いたらいいのかも分からない事だらけで、病気になればオロオロとし、動作の一つひとつを教えていく大変さがあった。今では上の子は中学生になり、反抗期真っ盛りだ。実は今朝も朝から言い合いをしており、これが毎日のように繰り返されている。本当にこんな風に叱って良いのか、時には迷う事はあるが、5年後10年後にはきっとわかってもらえると思いつつ続けている。子供には感謝の気持ちを忘れないように伝えているつもりだ。そしてその気持ちを相手に伝えるよう教育している。しかし、自分はどうだ?家族に感謝していると思いつつもそれを改めて口に出すことはあまりなかった。家族の支えがあるからこそ今の自分がある。そしてTWSも社員の家族に支えられて来たからこそ、今があると思う。本日はファミリーデー。午後は特別休暇として家族と過ごす時間をいただける。会社で半日満喫した後は、家に帰ってから改めて感謝の気持ちを家族へ伝えようと思う。




contact 疲れ目対処法

2017.08.22(Tue) H・Yさん(♀)

20170822

目薬の売上が年々増加しているそうだ。パソコンやスマホの普及により、目を酷使する人が増えているのが原因だそうだが、人によっては目薬だけでは疲れを取りにくい場合があるらしい。どういう人かと言うと「寄り目が出来ない人」だそうだ。日本人の半数は寄り目が苦手だそうで、これは目の構造上仕方のない事らしい。祖先が両生類から哺乳類に進化する過程で目は顔の横から前面へ移動してきたのだが、その影響で瞼を閉じていると自然と左右の目が外向きに開いてしまうとのことだ。そういう人は物を見る時に目を内側に向ける必要があるため、目を寄せる為の筋肉と目に命令を送る脳が疲弊してしまう。その場合は1時間に1分程度、目を閉じると良いとのこと。鳥取では近くに山があるが、それでもなかなか仕事中に見ることは出来ない。しかしこの方法であればいつでも、山の無い東京でも実施できるので是非皆さんにお勧めしたい。




contact TWSファミリーの恒例行事に

2017.08.18(Fri) E・M統括部長(♀)

20170818

ここのところ雨が続いており、日照不足が深刻だというニュースが聞かれる。確かに、夏休み期間に実家へ帰ったが、子供たちが楽しみにしていた恒例の夏祭りが雨で中止となり、花火も見ることが出来ず消化不良の夏休みであった。経済的に見ると我が家にとっては数千円の支払い分が浮いたが、地域としては数十万から数百万円の損失があったと思われる。この数日間の天候不良による経済的損失はこのような消費の落ち込みや、作物の取れ高不足等で、数千億円にも上るそうで、多くの人か対応に苦慮することになるであろう。さて、毎年この時期と言えば、TWSにはファミリーデーというイベントがある。ご家族の皆様にいつものイベントとは違うTWSを見ていただき、更に会社への理解を深めてもらいたいという想いから6年前に始めたご家族向けのイベントだ。今年で早6回目を迎え、毎年楽しみにしていただいているご家族も多いが、全てのご家族に浸透していないのが現状だ。この時期楽しみにしている夏祭りや花火のように、TWSファミリーにとっての夏の恒例行事にすべく、多くの人の協力を得ながら心のこもった設営で全員参加を目指したい。




contact 定点観測してみよう

2017.08.17(Thu) A・Aさん(♀)

20170817

私は文系タイプで、数字で考えるのが苦手だ。先日ネットの記事で「数字への苦手意識が消えるシンプルな習慣」というタイトルが目についた。ある工場では、職員がいつも勘や経験に頼り、数値を意識できずにいた為、経営者が「やったことを数値で記録するように」と指示したところ、簡単に前日との差を比較できるようになり「職員数が少なかったのに出荷数が多かったのはなぜか?」というような会話が始まった。そこから「次はこうしてみよう」という流れができ、数値を基にした自然なPDCAが生まれた。記事では、仕事の中で何か一つだけ数字で記録するテーマを作り、毎日定点観測するよう勧めていた。「何回ありがとうと言われたか」「何本電話をかけたか」のような、あまり数値化しないようなテーマをあえて選ぶのがコツで、その結果、仕事の効率やコミュニケーションの頻度など、いろいろな側面が見えてくるとのこと。私もこれから実践し、数字で考えることで苦手意識を減らしていきたい。




contact 測定し次に生かす

2017.08.10(Thu) M・S事業部長(♂)

20170810

先日、私の二男が所属しているバスケットボール部の引退試合があった。逆転に次ぐ逆転で手に汗握る展開だった。最後の最後、残り4秒で2回あったシュートチャンスを外してしまい、結局64-63で負けてしまった。次男は人目もはばからず声をあげて泣いていたのを見て私も熱いものが込み上げてきた。しかし、そもそも数か月前にその相手チームと練習試合をした際はボロ負けだったのだ。結果的には負けてしまったが、相手の戦法を研究し、対策を練った上で臨んだからこそ得られた成果であり、後輩の次へ繋がる良い試合となった。それをつい仕事へ置き換えてしまうのだが、ITILでは定義出来なければ測定出来ない、測定できないものはコントロール出来ない、コントロール出来ないものは管理出来ないと言われている。前職で営業を行っていた私は単にがむしゃらに動くだけの全く売れない営業であった。相手の本当のニーズを知らず、測定していなかった為、管理することが出来なかったのだ。PDCAの本質を理解し、生かしていくことで明日への糧となる。




contact 1/fゆらぎ

2017.08.09(Wed) A・Kさん(♀)

20170809

先日、歌手の平井堅さんのベストアルバムを購入した。平井さんの歌を聞いていると何となく心が落ち着く気がしたので、少し調べてみたところ「1/fゆらぎ」の声を持っているからだという結論に行き着いた。これは予測できない微細な振動をしているということで、自然界では海の波や小川のせせらぎ、炎の揺らめきも「1/fゆらぎ」と言われている。また、モーツアルトの曲も有名で、よく眠れると言われている。また、平井堅さんのように「1/fゆらぎ」の声を持つ有名人としては、マイケルジャクソンさんや美空ひばりさん、宇多田光さん他、聞くとなるほどなと思ってしまうような方々の名前が出てくる。毎日暑い日が続き、多くの熱中症対策が立てられているが、身体の内側からリラックス出来るような「1/fゆらぎ」を体感してみてはいかがだろうか。




contact 判断力を養う

2017.08.08(Tue) K・Iさん(♂)

20170808

私の長男が通う高校での取り組みが新聞で紹介された。一つは東日本大震災と、それに伴う福島第1原発事故で被災した福島県の復興を願い、福島県からヒマワリの種を譲り受け、花が咲いた後に採取した種を福島に送ることで、新たな就労や観光振興につなげる狙いがあるといい、震災の翌年から続けいている。もう一つは岩手県にある大船渡高校との交流だ。先週も生徒と先生の20名程で訪問し、語り部としてガイドをしてくれた方が話していた内容が興味深かった。その方の住む地区は避難勧告で自宅待機との指示が出ていたそうだ。しかし、長年の勘から危険を感じて自主避難したそうだ。その直後に津波が押し寄せ、言えは流されてしまったというのだ。その経験から「情報は鵜呑みにしない。人の作ったものを信じすぎてはいけない」と言われていた。機器管理という点ではとても重要であるが、逆に情報を軽視しないよう、普段の生活の中でも判断力を養って感度を上げる努力をしなければならないと感じた。




contact フットサルを架け橋に

2017.08.07(Mon) Y・Y専務取締役(♂)

20170807

この週末に第9回となる弊社主催のフットサル大会、通称BridgeCupが開催された。TWSチームが2チーム、社外チーム6チームが参加し、全8チームによるトーナメント戦であった。私が入社してすぐに、担当しているお客様がフットサル大会を開くというので、社内のサッカー経験者と共に参加したのが始まりだ。その翌年からTWS主催で大会運営を始め、あっという間に9回目を迎えた。そのお客様ではその年以降、大会が開催される事は無かったそうだが、TWSでは普段のイベント設営による経験もあり、毎年のように続ける事が出来ている。このイベントは単にフットサルを楽しむだけでなく、大切なお客様との交流を深める意味でも非常に有益だ。社内の有志で設営を担当している為、役割分担も明確でなく、毎回バタバタしてしまうのが難点だが、来年は10回目の記念となるので、社を挙げて盛大に開催したい。




contact 3つの力

2017.08.04(Fri) K・U取締役(♂)

20170804

太古より力が強い者がもてはやされた。その力には「腕力」「知力」「財力」の3つの要素がある。人類が活動し始めた頃の創世記では腕力が強い者が重宝された。獲物を狩ったり、農作物を育てるにも腕力が強い事が重要であった。そして同時に大勢を統率する為の知力も必要になってくる。その知力の発展こそが人類の発展と言っても過言ではない。そして通貨のやり取りにより、財力も大きな影響を持ち始める。ビジネスの世界では知力が重要となる。情報を操れる人こそがTOPを取れる。お客様のニーズを理解し、競合先はどこか、キーマンは誰か等、高くてもお願いしたくなる状況を如何に作り出せるかが鍵となってくる。「彼を知り、己を知れば、百戦して危うからず」逆を返せば、何も知らなければ勝つことは出来ないのだ。インテリジェンスな価値ある情報を上手く活用することで仕事の手法も変化してくるであろう。




contact あったらいいなを考える

2017.08.03(Thu) J・Hさん(♂)

20170803

近年、在日中国人の白タクが横行しているそうだ。主に中国人観光客が利用するというのだが、何故違法と分かっていながら利用者が後を絶たないのだろうか。そこにはニーズが関係している。日本人は旅行といっても2,3人の少人数で行動する事が多いが、中国人観光客は家族総出で移動するため、少なくても6人程度、多いと10数名となるらしい。日本で一般的に走っているタクシーは料金が高い上に、大抵が乗客4名までが多く数台に分かれてしまうのが嫌がられている原因のようだ。ここ数年で爆発的に増えた中国人観光客のニーズに応えきれていない現状がこのような違法行為を野放しにしてしまっているのかも知れない。世の中にはこのような隠れたニーズがまだまだ沢山あるはずだ。社会の期待に応えられるような「あったらいいな」を共有し、社会に役立つ仕事をしていきたい。




contact 隼駅まつり

2017.08.02(Wed) N・H支店長(♀)

20170802

バイクが好きな方はご存知の方も多いかと思うが、鳥取にはスズキ社が販売している「隼」というバイクの聖地と言われる駅、その名も「隼駅」が存在する。聖地と呼ばれるようになったのはここ数年の事で、田んぼの中にポツリとある廃止になる予定の駅であった。それが2009年に、8月8日を「隼の日」と銘打ち、隼バイクのオーナーに隼駅への集結を呼び掛けたところ、数名のオーナーが集まったそうだ。それから毎年隼駅で隼駅まつりを開催するようになり、今では数千台のバイクが集まるイベントへと成長した。好きが高じて町や行政を動かし、発展していると感じる。皆の気持ちが一つになり、盛り上がることが出来れば、旋風を引き起こすことが出来るのである。




contact 自主性を持って実践する

2017.08.01(Tue) 迎社長(♂)

20170801

政治の世界では安倍自民党の一強が崩れたが、その対抗馬が現れない状況。アメリカでも女房役の官房長官を更迭する等、混沌としている。全てはおごり高ぶりから来る怠慢だ。稲田元大臣については無知と勉強不足だけでなく、後ろに控える官僚との連携もなかったのであろう。SNSやメール等、デジタルコミュニケーションが充実した昨今、物理的には近くなったように感じるが、実際はその逆。便利になりすぎて勘違いし、繋がっているはずだと信じ込んでしまう。時代の波に乗れなければ淘汰されるだけだ。管理されるだけでなく、自主性をもって業務にも臨んで欲しい。やろうとしなければならないこと、自らやらなければならないことを実践する。何かを変えれば必ず良い方へ動くはずだ。




contact 夏旅行の教訓

2017.07.31(Mon) Y・Tさん(♀)

20170731

週末は会社のイベントである夏旅行に参加した。夏旅行は初めて参加したのだが、茅ケ崎出身の私は、久々に行く海ということで非常に楽しみにしていた。特に印象に残ったのは設営の方々の事前準備による段取りの良さ、気配り、宴会時の司会もとても良かったことだ。私も仕事上で設営を担当することがあり、参考にさせていただきたいところが所々にあり、素晴らしかった。そして肝心の海はというと、子供の頃は楽々泳いでいたはずであったが、実際に入ってみるとあまりに泳げず、お恥ずかしながら溺れかけてしまい、近くにいた社員の方々に救助されるという事態になってしまった。記憶は子供の頃でも身体が付いていかなかったのが原因だ。小学校の運動会等で保護者の方が走って足がもつれてしまう現象と同様だ。昔出来たからと言って調子に乗るのではなく、逆に昔出来た事こそ慎重になりたい。秋には運動会イベントが待っている。しっかりと事前準備をして臨もう。

ISOの認証取得なら株式会社TWS総合研究所 東京都サイバーセキュリティ対策促進助成金のご案内 仮想化セキュリティの決定版 CS-TWiSt

Page Top

Copyright © 2017 (株)テイルウィンドシステム All rights Reserved.