AIの危険性を認識する

2018.08.06(Mon) Y・Kサブリーダ(♂)

嘘をつく人口知能(AI)「ソフィア」について紹介した。便利だと思われるAIも使い方を間違えると
人類の脅威になる。SpaceXのCEOであるイーロン・マスク氏も警鐘を鳴らしているAIの危険性も認識が
必要ではないだろうか。私達が日々暮らす中で、生活を豊かなものにしているAIだが、
人を殺すこともできる危険なものになってしまうそうだ。人間が入れないような場所に入り、
救助を目的として開発された4つ足のAIは、銃を持たせることで人を殺すように作り替えられると言われている。そんな危険性をはらんだAI開発においても、黙って見ていることしかできないのは
AIに対する知識が乏しいからだ。知識を身につけるためには「何故?」という疑問が必要である。
その疑問を解決するには興味を持ち、調べたり勉強することだ。私は現在業務で
スマホアプリの開発など新しいことにチャレンジしている。これからも常に最新の情報を取り入れ、
自分が最先端であることで、可能性を見出せる人間でありたい。

取得情報

ISO-27001

IS 578154 / ISO 27001

ISO認証取得

  • 立川本社
  • 鳥取支社
  • TWS総合研究所

認証範囲:

  • コンピュータソフトウェア受託開発
  • システムエンジニアリングサービス
  • 情報システムの運用・保守
  • パッケージソフトウェアの開発・保守
  • コンサルティング事業、トレーニング事業及び情報セキュリティ事業

ISO-9001

FS591336 / ISO 9001

ISO認証取得

  • 立川本社
  • 鳥取支社
  • TWS総合研究所

認証範囲:

本社及び鳥取支店にて行う以下の業務

  • コンピュータソフトウェア受託開発
  • 情報システムの運用・保守
  • パッケージソフトウェアの開発・保守
  • TWS総合研究所で行うコンサルティング事業、トレーニング事業及び情報セキュリティ事業

ISO-9001

EMS602917 / ISO14001

ISO認証取得

  • 立川本社
  • 鳥取支社
  • TWS総合研究所

認証範囲:

  • コンピュータソフトウェア受託開発
  • システムエンジニアリングサービス
  • 情報システムの運用・保守
  • パッケージソフトウェアの開発・保守
  • コンサルティング事業、トレーニング事業及び情報セキュリティ事業

ISO45001

OHS 692647 / ISO45001

ISO認証取得

  • 立川本社
  • 鳥取支社
  • TWS総合研究所

認証範囲:

  • コンピュータソフトウェア受託開発
  • システムエンジニアリングサービス
  • 情報システムの運用・保守
  • TWS総合研究所
    コンサルティング事業、トレーニング事業及び情報セキュリティ事業

プライバシーマーク

当社は、個人情報の適切な取り扱いを行う事業所にのみ許可される「プライバシーマーク」の付与認定を受けています。

セキュリティ対策自己宣言

株式会社テイルウィンドシステムは社員が働きやすい環境作りに取り組み、平成29年度の東京都ライフ・ワーク・バランス企業として認定を受けました。

テイルウィンドシステムグループ方針

プライバシーポリシー