非常識が常識に

2019.08.09(Fri) Y・Yテクニカルエキスパート(♂)

東京オリンピックまで1年を切り、巷ではオリンピックの話題で持ちきりだ。
オリンピックと言うと、私はリチャード・ダグラス・フォスベリー選手を思い出す。
リチャード選手走り高跳びの選手で、1968年のメキシコオリンピックで優勝した。当時の跳び方はベリーロールが主流であったが、リチャード選手は記録が伸びず壁に当たっていたそうだ。
如何にして高く飛ぶかを研究していたところ、背面飛びにたどり着いたのだが、当時は周囲から非常識であると非難の言葉や冷ややかな目で見られていた。
しかし、彼は誰にも屈せず、背面飛びに磨きをかけていった結果、見事オリンピックという大舞台で2m24cmという大記録を叩き出し金メダルを手にした。
このメキシコオリンピック以降、背面跳びは彼の名前か「フォズベリー・フロップ」と呼ばれるようになり、今では走り高跳びの「常識」となっている。
周りから非常識と言われようとも信念を貫き通し世界の非常識を常識に変えた感動した。
今の常識であってもそれが必ずしも最善とは限らない。
仕事においても時代やその時の状況により最善のやり方を模索し、物事を進めていくことで劇的な改革にたどり着けるかも知れない。

取得情報

ISO-27001

IS 578154 / ISO 27001

ISO認証取得

  • 立川本社
  • 鳥取支社
  • TWS総合研究所

認証範囲:

  • コンピュータソフトウェア受託開発
  • システムエンジニアリングサービス
  • 情報システムの運用・保守
  • パッケージソフトウェアの開発・保守
  • コンサルティング事業、トレーニング事業及び情報セキュリティ事業

ISO-9001

FS591336 / ISO 9001

ISO認証取得

  • 立川本社
  • 鳥取支社
  • TWS総合研究所

認証範囲:

本社及び鳥取支店にて行う以下の業務

  • コンピュータソフトウェア受託開発
  • 情報システムの運用・保守
  • パッケージソフトウェアの開発・保守
  • TWS総合研究所で行うコンサルティング事業、トレーニング事業及び情報セキュリティ事業

ISO-9001

EMS602917 / ISO14001

ISO認証取得

  • 立川本社
  • 鳥取支社
  • TWS総合研究所

認証範囲:

  • コンピュータソフトウェア受託開発
  • システムエンジニアリングサービス
  • 情報システムの運用・保守
  • パッケージソフトウェアの開発・保守
  • コンサルティング事業、トレーニング事業及び情報セキュリティ事業

ISO45001

OHS 692647 / ISO45001

ISO認証取得

  • 立川本社
  • 鳥取支社
  • TWS総合研究所

認証範囲:

  • コンピュータソフトウェア受託開発
  • システムエンジニアリングサービス
  • 情報システムの運用・保守
  • TWS総合研究所
    コンサルティング事業、トレーニング事業及び情報セキュリティ事業

プライバシーマーク

当社は、個人情報の適切な取り扱いを行う事業所にのみ許可される「プライバシーマーク」の付与認定を受けています。

セキュリティ対策自己宣言

株式会社テイルウィンドシステムは社員が働きやすい環境作りに取り組み、平成29年度の東京都ライフ・ワーク・バランス企業として認定を受けました。

テイルウィンドシステムグループ方針

プライバシーポリシー