本日の朝礼 3分間スピーチ

 テイルウィンドシステム立川本社の一日は朝礼から始まります。まず全員で社訓を唱和した後、日替わりで社員1人がスピーチを3分間行います。話す内容は自由で、得意とするITやシステム開発の話から家族のこと、時事ネタまでその人の個性が窺えます。3分間スピーチは、採用されたばかりの新入社員は緊張もしますが人前で話す訓練にもなり、時代をリードする人財へと変わっていくきっかけになっています。



contact 失敗するからこそ報連相は大事である

2013.08.01(Thu) 迎社長(♂)

20130801

失敗は誰にでもある。だから起きてしまったことは仕方がない。
失敗を恐れず挑戦し続ける事。そして失敗しても反省し、「失敗からのリカバリー」を出来る人は成長していく。
しかし、失敗したことを隠したり嘘の報告をしていては会社に多大な損害を与えてしまう。いつも言っているように報連相(報告・連絡・相談)ができているかが大事である。テイルウィンドシステムの経営理念が書かれたTWSフィロソフィー(哲学)に書いてあることを再度確認し、自分を見つめ直してもらいたい。2月、8月は売り上げが伸び悩む時期と言われているので気を引き締めていきましょう。

Page Top

Copyright © 2017 (株)テイルウィンドシステム All rights Reserved.