第7回 サブネットマスクとは

photo-1468908627957-7783f0c42edb

PCの普及した現在、サブネットマスクのことを「聞いたことがない」という方はまずいないかと思います。しかしながら、情報処理試験などで「サブネットマスクに関する問題は難しいのでスキップする」という方は意外に多いようです。

今回はサブネットマスクの解説の後、サブネット内ホスト数の簡単な求め方を紹介します。

●サブネットマスクとは

サブネットマスクとはネットワークの範囲を定義するための情報です。

IPv4形式の場合、IPアドレスは32ビットの2進数で定義されています。しかし、2進数の表記では桁数が多すぎ、人間にとって識別しずらいため、通常は32ビットを8ビット単位に10進数化したものをピリオドで区切った形式で表現します。

例)255.255.240.0 など

IPアドレスはネットワークアドレス部とホストアドレス部の組み合わせとなっています。ですが、IPアドレスのみを見ただけではどこまでがネットワークアドレスでどこからがホストアドレスかは識別できません。

サブネットマスクの意義は「IPアドレスと組み合わせることで、ネットワークの範囲(サブネット)を指定することができる」にありますが、端的に言うと「ネットワークアドレス部とホストアドレス部の境界」を示すものなのです。

例に示したサブネットマスク「255.255.240.0」の各パートを2進数で表記すると以下のようになります。

11111111.11111111.11110000.00000000

上記の場合の意味は「先頭(左)から20ビットがネットワークアドレス部、それ以降はホストアドレス部」となります。

ネットワーク範囲中の先頭のアドレス(ホストアドレス部の構成ビットがすべて0)は「ネットワークアドレス」、最終のアドレス(ホストアドレス部の構成ビットがすべて1)は「ブロードキャストアドレス」として利用され、ホストアドレスとしては使用できないため、当該ネットワークに収容可能な台数は「ネットワーク範囲 – 2」となります。

●サブネットマスクから収容可能ホスト数の簡単な求め方

サブネットマスクは別表に示す様に「128.0.0.0」から「255.255.255.255」の32通りのいずれかとなります。

今回は下記2パターンの場合の求め方を示します。

①末尾以外はすべて255の場合(255.255.255.240など)
収容可能ホスト数=(256-末尾の数値)-2

  • 255.255.255.240の場合、(256 – 240) – 2=(16 – 2)=14
  • 255.255.255.192の場合、(256 – 192)- 2=(64 – 2)=62

②先頭部2か所が255の場合(255.255.240.0など)
収容可能ホスト数=((256-3番目の数値)*256)-2

  • 255.255.240.0の場合、((256 – 240) * 256 ) – 2=((16 * 256) – 2)=(4096-2)=4094
  • 255.255.252.0の場合、((256 – 252) * 256 ) – 2=(( 4 * 256) – 2)=(1024-2)=1022

サブネットマスク一覧

技術コラム_サブネットマスク_修正

仮想化セキュリティの決定版 CS-TWiSt

Page Top

Copyright © 2017 (株)テイルウィンドシステム All rights Reserved.