本日の朝礼 3分間スピーチ

 テイルウィンドシステム立川本社の一日は朝礼から始まります。まず全員で社訓を唱和した後、日替わりで社員1人がスピーチを3分間行います。話す内容は自由で、得意とするITやシステム開発の話から家族のこと、時事ネタまでその人の個性が窺えます。3分間スピーチは、採用されたばかりの新入社員は緊張もしますが人前で話す訓練にもなり、時代をリードする人財へと変わっていくきっかけになっています。



contact 意気込み

2014.05.30(Fri) Y・Iさん(♂)

20140530

先月、客先で自己アピールをする機会があった。自信が無く、緊張もあったせいで、普段勉強している事や技術について上手く相手に伝える事ができなかった。その悔しさをばねに、スピーチの練習をしたり、技術についても沢山勉強して自分に自信を持てるよう努力した。つい先日、同じく自己アピールの機会をいただき、今回は今までの努力を自信に変え、自分なりにベストを尽くす事が出来た。先輩からは相変わらず下手だなーと言われつつも合格をもらえ、更なる自信に繋がった。これからも沢山勉強して、多くのスキルを身につけ、会社に貢献していきたい。




contact 英語の習得の必要性

2014.05.29(Thu) S・Tさん(♂)

20140529

新しく何か勉強を始めようとするときに、まず関連する資格を調べるようにしている。資格取得を目指した方が、目標を明確に立てる事ができる為、モチベーションを持続させる事が出来る。この業界ではコアな技術を調べようとすると、英語で書かれていることが多い。自宅PCのOSはLinuxを使用しているので、尚更英語に触れる機会が多く、重要なメールも英語で記載されている事がある。そこで英語の勉強を始めようと思い、まずはTOEICの受験を目指すことにした。社内にも英語が得意な社員は多数いるが、私もそれに続き、英語習得する事をここに宣言する。




contact 国内自給率と生活について

2014.05.28(Wed) M・K部長(♂)

20140528

最近大手電気会社が、無菌環境の工場内で野菜を栽培する【先端農業事業】に取り組んでいる。主要であった半導体部門の海外流出が止まらず、空いた国内工場の有効活用という事で始まった新しい事業だ。外部環境に影響されず、無菌環境で育てられた野菜は菌に晒されることが少ない為、育つ速度も速く、市場に並んでからももちが良いそうだ。国内の食料自給率は、私が生まれた頃は70%を越えていたが、現在は39%まで落ち込んでいる。人間は食料がないと生きていけない。国内の自給率が下がっていく事にもっと危機感を持つべきだと思う。皆も、今一度考えてみてはどうだろうか。




contact 事前準備の大切さ

2014.05.27(Tue) J・Hサブリーダ(♂)

20140527

先日の土曜日、TWSの春イベントに参加した。午前中はウォークラリーということで昭和記念公園内を歩き回った。以前はこまめに散歩をしていたのだが、最近はめっきりしなくなっていた。すると、酷い筋肉痛になってしまった。散歩という事前準備をしていた頃は午前中歩き回ったからといって筋肉痛になるようなことはなかったが、事前準備をサボってしまったことで筋肉痛という痛手を負ってしまった。仕事でも事前準備は大切である。事前準備をすることですんなりと業務に入れたり、早期に終わらせることが出来る。何事にも事前準備をしっかりとしていきたい。




contact 他人の生き方に学ぶ

2014.05.26(Mon) A・Kさん(♀)

20140526

先日、やなせたかしさんの「何のために生まれてきたの?」と言う本を読んだ。アンパンマンマーチの歌についても書かれていたが、何気なく耳にしていた歌詞も活字で見ることで違った見え方が出来、改めて良い歌詞だと思った。また本の中で、生きていく中では「運、鈍、根」が必要であるとも書いてあった。何でも器用にこなすのではなく「鈍」くても「根」気よく続けることで「運」も巡ってくるそうだ。確かにやなせさん自身も根気よく続けていく事で運を掴み、今の地位を確立しているとのこと。他の人の人生や考えを知ると自分が考えも及ばなかった部分が見えてくる。見習える部分は見習って、自分も成長していきたい。




contact 知識の吸収と応用

2014.05.23(Fri) H・Nさん(♂)

20140523

現在、新しい事業を始めようと動いている。いくつになっても初めての事を始める時は緊張するものだ。先日新聞で読んだのだが、あるコンサルティング会社では、20代、30代の社員が、顧客の50代、60代の社長を相手にコンサルティングを行っているとの記事があった。年齢は若くとも、相応の知識があり、尚且つ応用力があるのだろう。私は50代だが、新しく着手する仕事であれば、新卒の皆さんと知識は変わらない。しかし、今までの経験から応用を利かせる事ができ、それが多少なりとも初期の認識に差を生む事になる。新卒の皆さんには、若いうちから幅広く知識を吸収して欲しい。そしてそれを応用することで色々な業務に生かせるような人財に成長して欲しいと思う。




contact 初任給

2014.05.22(Thu) Y・S事業部長(♂)

20140522

新卒の方々は、初任給をもらう時期である。私が初任給をもらったときは、アルバイトで稼いだ金額よりも1桁多く、父親にプレゼントを買ってあげたり、少し贅沢をした記憶がある。初任給を何にどう使うかはそれぞれ自由だが、なぜ自分がこの金額の給料をもらえたのかを常に考えて欲しい。給与をいただくということはその分だけ会社に貢献していなければならない。入社時はほとんど差が無かった金額だが、数年後には大きな差となる場合がある。なぜなら自身をスキルアップさせた人間は結果として会社貢献に繋がり、それが給与に反映されるからである。つまり自身のスキルアップ無くしては、給与アップには繋がらない。今後も継続してスキルアップを目指して欲しい。




contact プロとは

2014.05.21(Wed) Y・H部長(♂)

20140521

最近サッカーのニュースを目にする機会が多く、ふとプロという意味を考えた。スポーツの世界のプロ選手はパフォーマンスを見せることにより個々の年俸が決まる。私達の業界でいうプロとは、専門的な知識を持ち、お客様の望むシステムを提供することである。若い頃、先輩に「お客様からファンになってもらえ」と教えられた。「あの人が良い。またお願いしたい。」と言っていただけるよう、人間性と技術を高めろということである。自分自身を常に向上させるためには、毎月少額でも良いので、本を買ったり研修会へ参加する等の自己投資をして、教養と専門知識を付けることが大事である。特に若い社員には積極的に自己研鑽に励んでもらいたい。そして私もまだまだ負けずにプロとしての知識を向上させていきたい。




contact 健康の自己管理

2014.05.20(Tue) Y・Y取締役(♂)

20140520

5月病と言う言葉がある。4月から新しい環境で、緊張して生活していたところからGWの連休で気が緩み、その後休みがちになってしまう事だ。ようやく仕事が慣れてきたところで休まれてしまうと周りのメンバに負担がかかってしまう。私は半年程前から、休日にジムに通う事を習慣づけ、健康管理を心掛けている。また、体に少しでも不調を感じた時は病院へ行くことにしている。それぞれ健康法はあると思うが、食事や運動等うまくバランスをとる事が大切だ。自己の健康管理ができないと、周りに迷惑を掛けてしまう。勤怠不良で信頼を落とすことがないように気を付けて欲しい。




contact 健康とは

2014.05.19(Mon) Y・M顧問(♂)

20140519

禁煙を始めて7年が経過した。毎年、健康診断を行っているが、毎回注意を受ける項目は変わっていなかった。ところが今回の健康診断では正常範囲を超えた項目がいくつか増えてしまった。私が知っている昔の基準と今の基準では正常範囲と言われる範囲が違っている為だと都合の良いように考えている。20年程前にお義母さんに勧められ、漢方薬を飲んでいた時期がある。その時「健康でいるのは、自分のためでなく、子どものためなのだ」と諭されたのを思い出した。健康とは、肉体的・精神的・社会的に満たされていることである。私はTWSの皆のお陰もあり、健康だと感じている。皆さんも周りへの配慮をしつつ健康に留意して欲しい。




contact 皆のおかげ

2014.05.16(Fri) A・Mさん(♀)

20140516

TWSに入社して、もうすぐ1ヶ月が経つ。前職は全く違う業種に勤めていた為、パソコンスキルもなく、分からない事ばかりで、何度も挫けそうになった。しかし、社員の皆さんが忙しい合間を縫って、根気よく業務を教えてくれたり、アドバイスをくれたりと優しく声を掛けてくれたお陰で、今日まで頑張れた。皆さんに教えてもらった事はもちろん、皆さんの優しさを忘れず、これからも努力を怠らず成長していきたい。




contact 繋がりに感謝

2014.05.15(Thu) S・Kさん(♂)

20140515

私は今年の3月まで専門学校に通っていた。昨年就職活動を始めたのだが、なかなか良い会社と出会うことができず、半ば就職を諦めていた。ところが3月も終盤になってから、ある繋がりからTWSを知り、とんとん拍子で入社に至ることとなった。事前準備が出来ていなかった為、入社する前はとても不安を感じていたのだが、皆が温かく迎えてくれ、すぐに不安は解消された。今年同じく新社会人となった友人達と話す機会があったのだが、TWSの皆の温かさや、コミュニケーションを取ることがどれだけ大切なのかということを改めて実感した。これからも、人と人との繋がりを大切にし、TWSの発展の為頑張っていきたい。




contact TWSの良さ

2014.05.14(Wed) Y・Kさん(♂)

20140514

先日、初めてお客様先を訪問した。その際、TWSでは当たり前の事が、どこの会社でも当たり前という訳ではない事を知った。まず、TWSでは大きな声で挨拶すれば、大きな声で挨拶が返ってくる。退社の際にも全員が「お疲れ様でした」と返してくれる。会社にはそれぞれ、雰囲気や社風があるが、こんなにも違うものかと驚いた。まだ入社して1か月半しか経っていないが、このようなちょっとした事からでもTWSの良さがよく分かる。TWSには、気持ち良く、そして、やる気を引き出してもらえる環境が常にある。私も初心を忘れずに、当たり前のことを当たり前にやっていきたい。




contact 繋がりの大切さ

2014.05.13(Tue) D・Hさん(♂)

20140513

人との繋がりを就職活動中に感じることがあった。昨年の就職活動中、新宿での合同説明会で初めてTWSという会社を知った。それまでにも何社か会社説明を受けていたが、TWSの話しを聞き、TWSで働きたいと思い、応募することを即決した。たまたま参加した企業説明会でTWSを知ることが出来たが、実は私の母校でも募集を出していたと聞いた時は驚いた。もっとアンテナを高く持つ事で、色々な情報を得ることが出来ると実感した。これから大勢の人と出会うと思うが、人と人との繋がりを大切にし、成長していきたい。




contact 研修から学んだこと

2014.05.12(Mon) N・Sさん(♀)

20140512

入社してから1ヶ月の研修を受講し、「報(報告)連(連絡)相(相談)」の大切さを知った。TWSでは皆に「分からないことがあったらいつでも言って欲しい」と言っていただいている。私の友人も新しい職場で研修を受けているが、上司の方に相談することも出来ず、辛い環境であると話していた。それを聞き、私は非常に良い環境にあるのだと実感した。私はつい受け身になってしまい、自ら行動する事が苦手であるが、これからは自ら積極的に話しかけ、報連相をしやすい環境を作っていきたい。




contact 行動を起こす

2014.05.09(Fri) F・Mさん(♀)

20140509

TWSに入社し1ヶ月と少しが経った。去年の今頃は大学で英語の卒業論文研究に勤しんでおり、まだ大丈夫だろうという気持ちから就職活動を行っていなかった。周りの内定がどんどん決まっていく中、徐々に焦りを感じた。何も行動をしていないから結果がでないのだ。結果としてはTWSに入社が決まったのだが、その時、何もしない事の怖さを知った。何もしない事は、何かして失敗するより悪い事だと今は感じている。何もしなければ成功はない。たとえ失敗をしたとしても、まず行動を起こし、結果を出していけるように頑張りたい。




contact 継続すること

2014.05.08(Thu) H・Sさん(♂)

20140508

私は、昨日から同期の仲間と共に本社ビル1階駐車場の早朝掃除を始めた。始めて間もなく、ビル清掃の方とも親交ができ、挨拶に笑顔が増えたと感じる。また、掃除をしながら挨拶をすると、とても清々しい気分になれると気付いた。気付くという事はとても大切だと思う。まだ始めたばかりの早朝掃除だが、継続していくことが自分の力になるはずだ。まずは早起きを継続し、出来るところから努力していきたい。




contact 良い会社とは

2014.05.07(Wed) M・Sさん(♂)

20140507

TWSと出会ったのは昨年のちょうど今頃であった。何社か会社説明会に参加し、当然TWSの説明会にも参加した。その際、Iマネージャが「うちの会社は良い会社だ」と言っていたのが印象的だった。説明会に参加した際の印象を、就活ノートにコメントとして残していたのだが、TWSだけ「良い会社だ」とだけ記載してあった。その一言を基に私はTWSへ入社する事を決意した。私は良い会社というのは働きやすい会社のことだと思う。私は入社してから研修を受け、ITILの試験に合格したりとこの1ヶ月で大きく成長できたと感じている。TWS独自のブラザーシスター制度もあり、色々な不安も解消できる。このような経験を大切に、今後は一刻も早くTWSに貢献していけるよう努力していきたい。




contact 同期との繋がり

2014.05.02(Fri) Y・Iさん(♂)

20140502

先日、私と同じく今年の4月から社会人になった友人に会い、入社してからの話をした。友人の話によると、上司の方との距離が近いことや社内の雰囲気が和やかといったTWSとは全く正反対の環境だそうで、私がどれだけ恵まれているのかが改めて分かった。TWSはミスを恐れず挑戦をさせてもらえる会社だからこそ同期入社の皆とは仲間意識が高く、繋がりも強いのだと思う。これからもこの繋がりを大事にしてTWSの発展に貢献していきたい。




contact 常に危機感を持つ

2014.05.01(Thu) 迎社長(♂)

20140501

昨日で新卒10人の1ヶ月研修が終了した。本日より先輩達と一緒に業務に携わる。10年間存続する会社というのは消費税率よりも少なく、4%程度と言われている。個人と会社が存続する為には、何が必要か?答えは、常に危機感を持ち緊張感の中で仕事をする事だ。月日が経つのは早い。昨日、先週、先月と、どんな成果・結果を出す事が出来たかが大事だ。全員が危機感を持って緊張感ある仕事をする事で会社も個人も成長する。是非、先輩たちが背中で後輩に教えてあげてほしい。

ISOの認証取得なら株式会社TWS総合研究所 仮想化セキュリティの決定版 CS-TWiSt

Page Top

Copyright © 2019 (株)テイルウィンドシステム All rights Reserved.