本日の朝礼 3分間スピーチ

 テイルウィンドシステム立川本社の一日は朝礼から始まります。まず全員で社訓を唱和した後、日替わりで社員1人がスピーチを3分間行います。話す内容は自由で、得意とするITやシステム開発の話から家族のこと、時事ネタまでその人の個性が窺えます。3分間スピーチは、採用されたばかりの新入社員は緊張もしますが人前で話す訓練にもなり、時代をリードする人財へと変わっていくきっかけになっています。



contact 全体を見通して行動する

2014.12.26(Fri) T・Yさん(♂)

20141226

今までのプロジェクトでは、上司に言われた通りに仕事を行っていたが、ただ伝えるだけでは、納期が守れないと感じていた。自分が成長する為にも、プロジェクト全体の進行具合を考え、上司に言われなくても自分で納期を意識した仕事を行わなければならないと思う。言い方一つを取っても「テストフェーズに進めません」というだけではなく「納期が〇日なので、今作業が出来ないと間に合いません」等と言う事で、より伝わりやすくなる。もし止まっている作業で自分にも出来ることがあれば積極的に実施する。プロジェクト全体を見通すことで、プロジェクトの内容を理解し、より実際の現場に則した対応ができるようになるだろう。まだまだ自分は足りない部分が多いが、私よりも知識豊富な人たちに引けを取らないよう、意識して堂々とした発言を心掛け、より信頼を得て業務に臨みたい。




contact 雰囲気作り

2014.12.25(Thu) N・Sさん(♀)

20141225

誰に対しても質問をしたいと思える雰囲気を作ることは大切であると感じる。以前行っていた業務では、上司が非常に忙しい方で、ちょっとした質問さえもできるような雰囲気ではなく、仕事も滞りがちになってしまい、決して居心地の良いものではなかった。しかし今の業務では、上司の方が仕事以外の話なども色々と聞いてくれるため、雰囲気が違う。結果として仕事の質問もしやすく、業務もスムーズに進み、充実していると感じる。これから、私自身が先輩となり、後輩と接する機会があると思うが、常に笑顔で接し、質問しやすい雰囲気を作っていこうと思う。




contact 仕事とコミュニケーション

2014.12.24(Wed) C・Hさん (♀)

20141224

私は現在、収益管理業務に携わっており、主に、売上、コスト、予算管理等を行っている。配属されて半年ほど経つが、当初は、月末月初が忙しく、忙しくない時期は勉強の時間に充てることが出来た。しかし、仕事を覚えるにつれてその他の業務を任されるようになり、仕事の量も増え、勉強をする時間は無くなってしまったが、やりがいが出てきた。また、庶務や別の現場の手伝い等で外出することもあり、充実していると感じている。しかし、仕事量が増えるにつれ、コミュニケーションで困ることもある。色々な業務に関わると、その分様々な人々に出会う。それぞれの人に合った対応をするには、まだまだ勉強が必要だと感じている。今後も勉強を欠かさず、成長していきたい。




contact 私の「モットー」

2014.12.22(Mon) T・Yさん(♂)

20141222

私のモットーは、人の役に立つことである。それには周りが何を考えているのかを予測して先回りして行動することが大事だと思っている。今期、部内の活動の中で「3Dプロジェクションマッピング」の製作に携わり、リーダを補助する役割を担っていた。先日、部の活動が終了し、その際のメンバの感想の中に「楽しかった」という声があった。微力ながら私の行動が部活動の活性化に貢献できたのではないかと感じることができた瞬間であった。今期は、自分が成長することに重きを置いた為、参考になる上の方々ばかり見ており、周りと繋がりを疎かにしていた部分があったと感じる。来期サブリーダとして活動していく上では、メンバや横の繋がりも大切にして活動したい。




contact 体力づくりの大切さ

2014.12.19(Fri) S・Tさん(♂)

20141219

数年前になるが、スポーツクラブに通っていた。その当時は、通うにつれ、負荷を上げることが出来、体力が付いたことを実感できた。しかし、今はスポーツクラブに通わなくなってしまい、以前より体力が落ちていることに気が付いた。そこで、またスポーツクラブに通い始め、以前行っていた程度の負荷を掛けて挑戦してみたが全く歯が立たず、そこでも体力の衰えを感じ愕然とした。IT業界に勤める方は特に、デスクワークの仕事が多い方も、日常生活で運動をする機会は少ないと思う。自分で意識して体を動かす時間を作ることが大事であり、是非実践してもらいたい。




contact お客様を相手にするということ

2014.12.18(Thu) J・Hサブリーダ(♂)

20141218

MySQLの最新版にバグがあることが分かったため、バグの内容を収集していたが、修正に時間がかかることが分かった。結果的には、他の対処を考え対応したが、結局はその対処法を考えている間もお客様を待たせる事になってしまった。普段はいくつかのお客様の仕事を並行して行っており、その中でも緊急度、重要度を考え、一つの作業を優先させて作業をおこなっている。しかし、お客様によっては、あまりに待たせると「もういらない」と言われてしまい、それまでの作業が無駄になってしまう事もある。お客様との信頼関係にも繋がることであるので、うまくコミュニケーションを取りつつ業務を進めていきたい。




contact 「片づけ」と「掃除」の違いについて

2014.12.17(Wed) A・Kさん(♀)

20141217

「ときめくものだけを残して快適な暮らしを手に入れる」という片づけ法を提唱する近藤麻理恵さんの「人生がときめく片づけの魔法2」に「片づけ」と「掃除」の違いについて書かれていた。年末の大掃除では、モノを捨てる「片づけ」をしながら「掃除」をする人が多くどちらも中途半端に終わってしまう場合が多いようだ。そもそも「片づけ」と「掃除」とは別もので、「片づけ」とはモノを捨てたり動かしたり収納したりして部屋をきれいにする行為で、「掃除」とは汚れを拭いたりホコリを掃ったりして部屋をきれいにする行為なのだそうだ。違うことを一緒にやるから大変なのであって、部屋を片づけてきれいな状態にしてから掃除をすることで効率よく部屋をきれいにすることができるということだ。これから年末にかけて部屋をきれいにしたいが大掃除が苦手だなという方はぜひ試してほしいと思う。




contact 年末年始にかけて体に気を付けたいこと

2014.12.16(Tue) M・K部長(♂)

20141216

これから年末年始にかけ、お酒を飲む機会が沢山あるが、年齢に伴い、お酒の飲みすぎには注意が必要だと感じるようになった。二日酔いにはしじみ汁が良いなどと言われるが、アルコール度数の高いお酒を飲んでしまえば結局一緒だ。日本酒、ワインなどのアルコール度数の高いお酒を沢山飲むより、焼酎などを割ったお酒を飲むほうが次の日の二日酔いの度合いが幾分良いのではないかと私は感じる。一緒に食べる食べ物によっても肝臓への負担が違うそうだ。また、女性は男性に比べ、少ない飲酒量でアルコールの害を受けやすいらしい。お酒の飲み方一つを取っても人それぞれ色々とあると思うが、自分に合った飲み 方で、これからの時期、体への負担の少ない飲み方をしてもらいたい。




contact リーダを務めて感じたこと

2014.12.15(Mon) H・Tリーダ(♂)

20141215

今年1年間、リーダを務め、人を引っ張る事は本当に難しいと感じた。部のメンバや部長、マネージャ、サブリーダ等色々な人に助けて頂き、何とか部としての成果をあげられたと思う。TWS内の1つの部でもこのように大変な思いをしているのだが、日本国民に対してそれらの行動を行う政治家は単純にすごいと思う。私も何か人の役に立ちたいと思ってた矢先、昨日は衆議院選挙の投票日でありもちろん私も投票に行った。私の1票が、少しでも世の為になれば良いという気持ちで向かったが、今後は候補者一人ひとりの演説にも耳を傾けた上で、選挙に臨みたい。




contact 世代交代

2014.12.12(Fri) Y・S事業部長(♂)

20141212

先日プロ野球のあるチームでキャプテンの世代交代が行われた。まだ年齢的に元気であるにも関わらず、若手育成の為、第一線から退いた形だ。私もまだまだ元気であるが、営業のノウハウや自分の顧客などを今後10年程で若手に伝えていきたいと思っている。顧客と言っても様々な営業担当がいて、それぞれに合った付合い方が必要である。自分が長年掛けて培ってきた関係も一緒に伝えていければ理想である。まだまだ私の引退には程遠いが、このプロ野球の世代交代のニュースを見て感じた事である。




contact VM-TWIST

2014.12.11(Thu) H・Nさん(♂)

20141211

明日、仮想化ネットワークセキュリティの専門家が当社に来社予定だ。弊社の新しい発想のソリューション、VM-TWISTを来年からの本格販売する為に営業戦略や市場の動向について議論し合う予定である。先日、警察庁にてサイバーテロ対策の現状や取り組みについて話を聞いてきた。最近のサイバーテロは巧妙で、進化し続けている等の話しを聞いて驚愕するばかりだ。今では犯罪者の目的が、サイバー戦争にまで拡大しつつあるが日本の対策は、海外と比べるとまだまだ遅れている部分がある。我々の持つ「VM-TWIST」はまさにその対策にマッチした製品だ。せっかくの製品を社会のために役立たせなければならないと真剣に思う。少しでも多くの企業に安全なセキュリティ対策を伝えたい。来年に向けてまだまだ課題はあるが、皆の力も借りながら進んで行きたい。




contact 子供から学んだ事

2014.12.10(Wed) Y・H部長(♂)

20141210

小学3年生の息子は1年前から少年野球に参加している。春夏に大きな大会があったが、息子は試合に出る事ができなかった。しかし、先日行われた練習試合にはスタメンで出場する事ができ、本当に嬉しそうにしていた。試合に出場できた事が嬉しくて、辛い練習ももっと頑張ろうという気持ちになったようだ。仕事でも、目標が達成できたり結果が出ることにより、もっと努力しようと頑張るものだ。子供から自身をマネジメントしてもらえたような気持ちになり、より一層目標達成に向けて頑張っていこうと決意した。




contact 計画を立てる

2014.12.09(Tue) Y・M顧問(♂)

20141209

おそらく今日が私の担当する今年最後の3分間スピーチになると思う。ぜひ皆には今月中に今年の反省をし、来年の目標をしっかりと立てて欲しい。現実的な目標をしっかりと立てないと、あっと言う間に1年が終わってしまう。個人的には、来年はぜひJAVAの技術者を育成して欲しいと思っている。営業の立場からJAVAは需要があると感じているからだ。私も昔は大きなプロジェクトを沢山経験してきた。しっかりと目標を立てることで乗り越えてきた壁も沢山ある。ぜひ、皆も反省を生かした目標を立てて欲しい。




contact コミュニケーションが大切な理由

2014.12.08(Mon) H・S部長(♂)

20141208

毎年、この時期になると食事に誘っていただけるお客様がいる。そのお客様は自分よりかなり年上だが、大変可愛がっていただき、同時にいつもアドバイスをいただける。今回は「昔と比べ、すごく成長している。ただ残念なこともある」と言われた。そのうちの一つとして、昔はもっと大きな声で挨拶をしていたと言われた。確かに昔は名前を覚えてもらう事に必死で、とにかく大きな声で挨拶をしていたことを思い出した。原点に返る気持ちだ。今回、そのお客様に頂いた言葉は非常に貴重だ。このような事を言ってもらえるのも、普段からしっかりコミュニケーションが取れている事の現れでもあると思う。自分に置き換えてみても、社内でも叱れる人や言いたい事が言える人は、普段からしっかりコミュニケーションが取れている人だ。言いたいことを言えなければ組織は衰退していってしまうだろう。普段のコミュニケーションがどうして大切なのか、改めて実感した。




contact 抱負

2014.12.05(Fri) Y・Hさん(♀)

20141205

入社して約3ヶ月が経った。入社した当初は緊張ばかりしており、あまり自分から話し掛ける事ができなかった。しかし、周りの方々が気軽に話しかけてくれ、安心したことを覚えている。今では飲み会にも誘ってもらえるようになり、業務にも慣れてきたと感じている。来週からはお客様先で作業を行うことになるため、今から期待と不安で緊張しているが「自分はTWSの社員であり、TWSの看板を背負っている事を忘れずに頑張る」という同僚の言葉を思い出し、私も同様の気持ちを持って挑みたい。また部内活動においても積極的に参加し、社内行事等を盛り上げていけるよう頑張っていくつもりだ。




contact 質問の仕方

2014.12.04(Thu) I・Oさん(♀)

20141204

普段の業務の中で、仕事を頼んだり頼まれたりすることがある。以前私が仕事を頼まれた時、分からない事があると何度も質問をしに行っていた。その時「それこの前も言ったよね」と言われたことがある。自分の行いを不安に思い調べてみたところ、正しい質問の仕方を3つ紹介するページがあった。1つ目は相手に質問するタイミングは自分で作る。2つ目は質問したい事をメモして1度にまとめて聞く。3つ目は質問して返ってきた答えに分からない事があればその場で聞くというものであった。どれも当たり前のことなのだが実際にはできていないと感じた。質問をするという事は少なからず相手の仕事の手を止めることになるという事を、再認識し、無駄な時間を過ごす事のないよう気をつけていきたい。




contact TWSに入社して

2014.12.03(Wed) T・Tさん(♂)

20141203

入社して1か月ほど経過した。以前勤めていた所とはまったく違うIT業界に飛び込み不安を感じていたが、皆さんに温かく迎えてもらえて安心している。前職は全く違う業種に勤めていた為、返事の仕方一つ取っても独特なルールが多かった。現在ではメールや電話など基本的なものからPCについて等、一つひとつ様々な事を教えて頂いているが、まだ自分が納得するような仕事が出来ない。既に後輩も入社した。来週からまた違う業務が始まるが、そこで自分に何ができるのかよく考えて行動し、後輩にも背中を見せ、TWSの一員として頑張りたい。




contact 経験

2014.12.02(Tue) 迎社長(♂)

20141202

先日、ドイツにへ行く機会があり会社を1週間ほど留守にした。まずはその間、社員の皆が会社を守ってくれたことに感謝したい。さて、そのドイツの地でイギリスに語学留学しているTWS社員と久々に再会した。久々に会った印象は、以前よりずっと頼もしくなり、人間として大きくなったように感じた。異国の地で揉まれて生活することで、一皮むけて成長したのであろう。また、様々な国や職業の人と話しをする機会があり、大変勉強になった。人それぞれ考え方は違うとは思うが、国籍が違うと更に大きく違い、スケールも違う。その差を目の当たりにすることで、その社員もまた新たな目標ができたのか、目を輝かせてイギリスへ帰っていったのが印象的である。日本ではこれから選挙がある。将来を担う若者達が日本の未来を本気で考え、世界に負けない国に導いていってくれることを切に願っている。




contact 変化への対応

2014.12.01(Mon) Y・Y取締役(♂)

20141201

今期設立10周年という事でラスベガス旅行に始まり素晴らしい1年にしたいという気持ちで皆仕事をしてきたと思う。色々な事があったが、社員全員の会社に対する強い思いと、繋がりを大事にして協力し合ってきたからこそ乗り越えてこれたのだと思う。会社の経営は人・モノ・金・時間のバランスで成り立っている。悪い変化が起こり4つのバランスが崩れた時、それを元の状態に復帰させる復元力こそ企業の成長・発展に不可欠である。突発的に起こる変化は別として予測できる変化は先手を打ち、プラスに転じさせる事も可能である。来期も色々な事が起こると思うが、今から予想される変化にはしっかり対応できるよう計画に盛り込んでいって欲しい。

ISOの認証取得なら株式会社TWS総合研究所 仮想化セキュリティの決定版 CS-TWiSt

Page Top

Copyright © 2019 (株)テイルウィンドシステム All rights Reserved.