本日の朝礼 3分間スピーチ

 テイルウィンドシステム立川本社の一日は朝礼から始まります。まず全員で社訓を唱和した後、日替わりで社員1人がスピーチを3分間行います。話す内容は自由で、得意とするITやシステム開発の話から家族のこと、時事ネタまでその人の個性が窺えます。3分間スピーチは、採用されたばかりの新入社員は緊張もしますが人前で話す訓練にもなり、時代をリードする人財へと変わっていくきっかけになっています。



contact 3分間スピーチのコツ

2016.08.31(Wed) S・Yさん(♀)

人が1分間で話せる文字数は300文字と言われている。3分間スピーチではその3倍の900文字(約1000文字)だが、これは小学校の時に書いた読書感想文に匹敵する長さといえる。小学校の読書感想文ではかなり苦戦した記憶があり、同じように3分間スピーチも苦戦をしている。調べたところ3分間スピーチをする上で2つのコツがあるという。それは堂々と話すことと緊張を表に出さないことだそうだ。人前でしっかり話せるようになれば、人見知りの克服とコミュニケーション能力の向上につながる。私も苦手としていることを克服できるよう、これからも取り組んでいきたいと思う。




contact 報・連・相

2016.08.30(Tue) Y・M顧問(♂)

報・連・相が大事だとよく言われるが、特に嫌なことや困ったことが起こった時こそ徹底しなければならない。何故なら、その時には大したことではないと思っていることでも、報告が後になるほど大きな損害に発展する可能性が高いからだ。自分でどうにか出来る事だと思っていても、実際にはどうにもならない事のの方が多いのだ。以前、全国数百あるプロジェクトの中で私の担当しているところだけが完了していないという報告が事前にあり、担当者に詳しく聞いてみたところ、確認がしっかりと取れていなかっただけであった。このまま未完了で報告してしまうと上司を含めた役員への事情説明が発生したりとかなりの工数がかかってしまうところであった。未然に防ぐという意味でも報・連・相は非常に大事なビジネスツールであると言えるのではないだろうか。




contact 就職活動で得られたもの

2016.08.29(Mon) T・Hさん(♂)

去年の今頃、TWSから内定を頂き、就職活動が終わったのだが、実はそれまでにもいくつかの企業から内定をいただいていたが辞退していた。何故かというと、何となくやりたいこともなく、その会社に入ってどういう仕事をしたいのかも想像がつかなかったからである。ずるずると活動を続けてしまっていた訳だが、そんな中、会社説明会でTWSの話を聞き、仕事内容だけでなくイベント等の活動や社員を大事にするという社風が魅力的に思えた為入社を決めた。先日母校での会社説明会に同行する機会があり、私と同じように悩む学生が多数いることを知った。その時にはあまりうまく伝える事が出来なかったが、いつかは自分の経験を基に多くの学生や後輩に対し、的確なアドバイスをしていけるようになりたいと思った。




contact TWSの一員として

2016.08.26(Fri) K・Mさん (♂)

今週から入社させていただき、本日で5日目となる。その中でも水曜日に行われた社内イベントでもあるファミリーデーに参加した際には、社員の家族の方々との交流や催し物などが行われ、一緒に楽しむことが出来た。今までこのようなイベントを催している企業に所属したことがなかったので、TWSの温かさが伝わってきた。来週から新しいプロジェクトへ配属されることとなり、気持ちも新たに業務を行いたい。今後はTWSの一員として、自分の為、会社の為に一生懸命働きたいと強く思う。




contact スポーツリフレッシュ

2016.08.25(Thu) T・Kさん(♂)

8月に入ってすぐ仕事上でミスをしてしまい、なかなか気持ちを切り替えられずにいた中、上司が誘って下さったため参加した初めての夏合宿は、率直に言えば「楽しかった」という言葉に尽きる。サッカーという団体競技を通して、お互いに声を掛け合ったり、相手のことをよく見てパスを出したり、というコミュニケーションを取ることで、忘れかけていたチームの結束力やコミュニケーションの大切さを再認識する良い機会になった。また運動することで、1つのことをみんなでやり遂げる達成感にも繋がり、仕事上で感じていたストレスからも解放されるため、リフレッシュした気持ちで翌日からの業務にも臨めた。来年は自分も後輩を誘って参加したいし、皆にも是非お勧めしたい。




contact 息子の成長

2016.08.24(Wed) A・Aさん(♀)

本日はファミリーデーということで、私も本日参加している息子もとても楽しみにしていた。入社当時小学生だった彼も今は大学生になり、大きく成長してくれた。息子はイベントに参加しては社員の方々に混ざってゲームをやらせてもらったり、小さな子供たちと触れ合ったりと、いつもと違う経験が出来るTWSのイベントは大好きなようだった。これは創業時から続いている伝統でもあり、そんなテイルウィンドシステムの、ワークライフバランスの文化はとても素晴らしいものがあると改めて思う。そして本日参加している子供たちに一つお願いしたい。それは、その日あったことを、お父さんお母さんに「こんなことがあったよ。こんなことをしたよ。」と報告して欲しい。その話を聞くだけで、お父さんお母さんの疲れは吹き飛び、また明日から頑張ろうという気持ちの活力になるのだ。




contact 意思と行動について

2016.08.23(Tue) S・Kさん(♀)

身体と心が体調と連動しているように、意思と行動にも繋がりがある。今年4月の新人研修で「胸を張って行動していると自ずと自信が沸いてくる」と教えられた。振る舞い方で意思も変わるということだが、分からない事、不安だらけの中であっても、堂々と胸を張っていれば自然と心が付いて、堂々と出来るようになってくるということだ。例えば叶えたい夢がある時に、あたかもその夢が叶ったかのように振る舞うことで、夢が叶った気になり、自信が出る。そして気が付いた時にはその夢が叶っている、という効果があるそうだ。意思の力に頼るだけではなく、まずは行動に移していくことで、いい結果を生むことができるのではないだろうか。




contact プロ意識を感じる

2016.08.22(Mon) T・Yさん(♂)

先週末に行われたTWSのフットサルチームPuenteの海合宿に参加した。海が苦手であったため、実はあまり乗り気ではなかったのだが、先輩社員に絶対楽しいからと誘われたのがきっかけである。行ってみて思ったのは、まずは想定外に楽しかったということだ。皆でやる海辺のサッカーや花火、夜の宴会などを通して、普段あまり話す機会のない方とも沢山話をし、絆の深まりが感じられた。また、翌日にはバスケの3×3(スリーバイスリー)でプロの試合を観戦し、非常に興奮した。先ほどまでにこやかに接していた彼らが試合となると目つきが変わり、激しいプレーの連続で時には怒りも露わにする場面を見て「プロ意識」という言葉が浮かんだ。自分自身もこの業界ではプロである。しかし彼らとは違い過ぎる意識の甘さを痛感し、刺激を受けた私は、今日からまた新たに身を引き締め、業務に臨む。




contact キャッチフレーズ

2016.08.19(Fri) Y・Kさん (♂)

以前に私も参加したことがあるのだが、3日間でゲームを作り上げる合宿形式のイベントがある。その事前準備のボランティアとして、夏休みを使い、3日間参加していた。普通に開発すると早くても3か月程かかる作業を、3日間で行うため、全てが急ピッチで進んでいく。初日にゲームの企画整理をする段階で、様々なカードを組み合わせて戦い合うカードゲームと、モンスター同士の絆を組み合わせるカードゲームの2つのキャッチフレーズを考えた。結局、リソースを考えて後者を選んだのだが、キャッチフレーズによってゲームの印象も企画自体も作業量も変わってくることが分かった。製品の印象だけでなく、作業する側の気持ちまでもが変わってくるキャッチフレーズを仕事でも大切にしていきたいと感じた。




contact 一流の人に通ずるもの

2016.08.18(Thu) Y・Yさん(♀)

皆は一流の人と聞いてどのような人を思い浮かべるだろうか。私は人一倍の努力をし、才能もあって成功を収める人と思っていた。しかし先日あるラジオ番組で、元トップC.A.で現在はキャリアコンサルタントをされている女性が、一流の人に通ずるものは謙虚さだとおっしゃっていた。ここでいう謙虚さとは臨機応変に対応できる柔軟性や、相手の懐に入っていける姿勢だそうだ。また、その方自身は仕事上で笑顔や身だしなみ、期待してくれている人の少し上の成果を出すことを心掛けていたそうで、おもてなしの心や、相手に対するさりげない気遣い、気配りといった心の在り方を大切にされているとのことだった。先日、迎社長も相手への思いやりや感謝の気持ちを忘れないこととおっしゃっていたが、今後は、意識するだけでなく少しでも行動に移していけるよう努力していきたい。




contact スポーツマンシップから学ぶ

2016.08.17(Wed) M・Iマネージャ(♀)

連日、オリンピックでの日本選手の活躍が目覚ましく、メダルラッシュの喜ばしいニュースが続いている。その中でも、私が特に印象に残っているのが男子の体操選手の試合後のインタビュー内容だった。演技内容も圧巻だったが、白井健三選手は試合後「とにかく自分が満足できれば良いという思いで決断し、悔いなくやった。練習の頑張りは返ってくる。」と語っていた。また、内村選手と接戦を繰り広げた末敗れてしまったウクライナの選手が、内村選手を称えている様子を見て、スポーツマンシップの素晴らしさを改めて感じた。日々の練習の積み重ねから大舞台でチャレンジし力を発揮されている姿や、相手に敬意を持って話す姿に感動すら覚えた。自らもまた日々の仕事に目標を定めて努力していきたい。




contact 偉業を成し遂げるために

2016.08.10(Wed) T・Iリーダ(♂)

いよいよ4年に1度のオリンピックが、リオデジャネイロで開催された。日本選手の活躍は目覚ましく、寝不足の日々が続いている人も多いのではないだろうか。そんな中、オリンピックとは違う舞台で偉業を成し遂げた選手がいる。大リーグで活躍しているイチロー選手だ。先日、ピート・ローズ氏が持つ4256安打のメジャー最多記録を抜き去り、日米通算4257本安打の世界記録を成し遂げたばかりであるが、今回はメジャーでの3000本安打を達成したというのだ。「偉大な選手は、何千本とどんなにヒットを打っていても、教えを乞う。」という名言を残しているが、私も今年でTWSへ入社して9年目となる。社歴の長さや技術の高さではなく、謙虚な姿勢で日々業務をこなし、いつか皆があっと驚くような偉業を成し遂げたいと思う。




contact 掃除の段取り

2016.08.09(Tue) K・Mマネージャ (♂)

毎日行っている掃除について、毎日行っている業務にも関わらず、モニタの裏に埃が溜まっていたり、受付の電話の導線がねじれたままであったりと、気になる所が沢山ある。パナソニック創業者の松下幸之助氏は、技術習得の前に一人前の自立した人間になるための全人教育の一環として、掃除をとても重要視されていたそうだ。掃除をするにも段取りが必要であり、段取りが悪ければ仕事にならない。この点で掃除と仕事は同質であるという考え方だ。我々も掃除に対しての意識を高め、段取り良く、周りを見ながら行うことを心掛けていきたい。そしてそこから質の高い仕事に変えていけるように。




contact 人間関係を円滑にする秘訣

2016.08.09(Tue) H・S部長 (♂)

人間、怒られてばかりいると、ネガティブな発想になってしまう。逆に誉められると嬉しくなり相乗効果が生まれることもある。育ってきた環境にもよると思うが、昔の組織では絶対的な上司がいて、部下がそれに従うのが一般的であったようだが、現代のゆとり世代と呼ばれる人たちにとっては、親しい友人のような上司が理想だと考えている人が多く、怒られると拒絶してしまう人もいるらしい。つまり、お互いに誉め合うことが人間関係を円滑にする上で効果的なものではないだろうか。誉められる側もモチベーションがアップし、相手の良いところを見つけると誉めた側も気分がよくなる。相手の良いところを探し、誉める一日にできたら良いのではないだろうか。




contact 体調管理と仕事に対するモチベーション

2016.08.05(Fri) K・A部長(♂)

前回の3分間スピーチで、健康面を意識して提案したラジオ体操だったが、先日、身内の者が倒れたこともあり、身体が資本であると改めて思った。一人ひとりが重要な仕事を担っているため、誰一人欠けることなく、今後とも体調管理に気をつけていただきたい。また7年間携わっていたプロジェクトを経て、現在はVM-TWiStの営業を行っているが、結果に結びつけるには時間がかかる。仕事に対する意識は人それぞれだと思うが、現在行っている業務の先を見たときに、会社にどれだけ貢献できているだろうか、緊張感が薄れてはいないだろうか、と皆さんは考えたことがあるだろうか。今一度考え、常に気を引き締め、日々精進して一丸となって盛り上げていけるようにしていきたい。




contact デスクトップの整理整頓

2016.08.04(Thu) K・Sさん(♀)

社内ではクリアデスククリアスクリーンを行っているが、デスクトップの整頓は出来ているだろうか。デスクトップはすぐに使うことが出来て便利な反面、多すぎるとそこから探すのに手間取ったり、パソコンの動作が重くなったりと、効率が悪くなる。またセキュリティ事故も起きやすくなるため、なるべくすっきりとさせておきたい。整理の基本としては、現在進行中と終了した仕事のフォルダを作り、それぞれにファイルを格納する。現在抱えている仕事の量が把握でき、スケジュールを立てやすいというメリットがある。集中して仕事に打ち込むことも大切だが、1日5分でも良いので一度手を止めて整理整頓を行い、仕事の質を高めていくことも大切だと思う。




contact 職場環境を考える

2016.08.03(Wed) E・M部長(♀)

いわゆるパワハラなどの「ハラスメント」と言われる対策は大小関わらず企業にとって考えていかなければならない事柄ではないだろうか。このハラスメントを受けると、会社での存在意義が見出せなくなり、会社に対しての。また、残業などにより就業時間が長くなることでも不満や鬱憤がたまってしまうだろう。そのような事柄を軽減、解消するために、ワークライフバランスという考え方があり、TWSも東京都と立川市の認定を受けた。これは設立当初から迎社長が描いていた想いを会社として実行した結果であるが、実際にはどうだろうか。業務が一部の人間に偏ってはいないだろうか。皆も一度周りを見回し、自分が知らない業務を行っている人へ声をかけてみて欲しい。コミュニケーションを取りつつ、お互いが助け合いながら、更にもっと誰もが働きやすい職場へと変えていきたい。




contact 教科書には載ってないこと

2016.08.02(Tue) 迎社長(♂)

学習指導要領が改定されたという報道が流れた。前回の改定では「ゆとり教育か詰め込み教育か」と議論があったらしいが、学習内容や授業時間を減らしたゆとり教育が「学力低下を招いた」という批判を受け今回は、年間授業時間数が1992年度実施と同じ5785時間になったそうだ。TWSにもいろんな世代がいるが、人生の中でいろんな「経験」を重ねる事によって、学校では教えられないスキルやマナーをたくさん学んでいく。自らも忙しいであろうが、視野を広げ常日頃から、成長の機会を自ら掴みに行って、いろんな人と交流し、相手を思いやる感謝の気持ちを忘れないハートのある社員が
全社員になれたら会社はさらに飛躍できるはずである。もっと夢も目標も大きく、更なる高みを目指していきたい。




contact グース組織

2016.08.01(Mon) K・U取締役

4年前初めてTWSを訪問し、迎社長にお会いした。その後の取引きを通じて様々な方と話をする機会があったが、どの社員の方も素晴らしく好印象に感じていた。私は24年間経営コンサルをやっており、いろいろなお客様にルール制度の構築を通じ、様々な経営課題を解決してきたが、その中でも難しいのが、良い組織文化の醸成であり、TWSは迎社長をはじめ、多くの経営幹部の方が尽力をして、この組織文化を作られたのだろうと感じる。まさに、グースのような組織である。グースという鳥は、日本名では雁と呼ばれている渡り鳥であるが、1匹を先頭にし、V字に群れを成して飛ぶことで知られている。このフォーメーションの目的は、先頭の1匹に残りの鳥たちがV字で後続することにより、先頭の一匹による上昇気流のおかげで、風の抵抗が弱まるため、楽にとべるというものである。ただし、当然のことかながら、先頭の一匹は風の抵抗を一身に受けるため、非常に大変である。だから後続の鳥たちは、ガーガーと鳴いて先頭の一匹をはげますのである。また、その先頭の一匹は決まったリーダーではなく、自ら進んで先頭を飛ぶ。その結果、このフォーメーションによって、トータルでの飛行距離が7割増しとなるそうだ。TWSの良い文化は、まさにこれに類似しており、若い社員の方が、積極的に会社のために、活動し、それを幹部を含めた先輩たちが一生懸命サポートする。そして、より高いパフォーマンスを出していると感じる。今後は私もその一助となるよう全力を尽くしたい。

ISOの認証取得なら株式会社TWS総合研究所 仮想化セキュリティの決定版 CS-TWiSt

Page Top

Copyright © 2019 (株)テイルウィンドシステム All rights Reserved.