テイルウィンドシステム 立川市のIT求人 コンサルティング、設計、開発

会社概要

  1. Home
  2. /
  3. 3分間スピーチ
  4. /
  5. マスクの中でも笑顔を

マスクの中でも笑顔を

F・Kさん(♀)

新型コロナウイルス禍によるマスク生活も、3年目に突入した。今でもマスクやアルコール消毒が欠かせない毎日になっている。マスクをしていると、以前に比べて表情を出すことが少なくなっていないだろうか。表情の中でも、笑顔になると口角や頬の筋肉が上がり、それを人間の脳は「楽しいことをしている」と感じる。実際に「楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しいのだ。」という名言もある。笑顔は年齢や性別を問わず、とても素敵な表情だと思う。しかし、今はマスクを着けて過ごしているため、人が笑顔だと感じる3つの要素である「口角が上がっている」「目尻が下がっている」「上の歯が見えている」のうち、2つの要素が表現できない。そのためコロナ禍においては「目の表情」「アイコンタクト」が大切になる、というCAさんの記事を見かけた。「目は口ほどにものを言う」という言葉が示すように、コミュニケーションにおいて目の表情は大切なポイントだ。その記事では、マスクの中の表情も油断は禁物。見えていなくても、口元はしっかり笑うことが大切だ、とも書いてあった。皆も鏡を見る際は、マスクをした笑顔の自分を見てみて、マスクをしていてもしっかり目元まで顔全体が笑顔になっているか確認すると良い。また笑顔の自分を見ることでポジティブな気持ちにもなれる。今後もしばらくマスク生活が続くと思うが、マスクの中でも「笑うから楽しいのだ。」を実践して気持ちを盛り上げていきたい。