テイルウィンドシステム 立川市のIT求人 コンサルティング、設計、開発

会社概要

  1. Home
  2. /
  3. 3分間スピーチ
  4. /
  5. 採用活動における心構え

採用活動における心構え

T・Fリーダ(♂)

先日、新卒向けの企業説明会に参加した。数年前に参加した同様の説明会でも学生たちに接することがあったが、その時と比べると学生の雰囲気がなんとなく違うと感じた。全体的に質問は少なく、たまに質問された内容は「テレワークありますか?」であった。オンラインでの授業が当たり前になり、コミュニケーションの場が減っている為、面接の場で上手に語れるようになるには少し時間がかかるのだろうと推測する。その為、上手く喋れないから駄目だなとすぐ判断しない方が良いのかも知れない。これからどのようにどれだけ成長していくのかという「伸びしろ」の部分を見ていく必要がある。その為にも、こちらからの質問内容も変えるべきだ。以前なら「大学生活を通して頑張ったことは?」という質問をよくしていた。しかし、コロナ前の、いわゆる普通の大学生活を送れていない生徒が多く、分かりやすい自己PRエピソードを持っていない。なので、面接マニュアルに載っている様な通りいっぺんな回答が来るだけではないか。それを「コロナ禍において、大学生活を送る上でどんな工夫をしましたか?」と聞くことで、本人のポテンシャルや、困難な状況の中でどう対応するタイプなのかを測ることができる。コロナ禍となって早2年が経った。慣れた訳ではないが、対応はしていかなければならない。今までと同じことをしていては対応することは出来ない。自分なりに工夫をして、まだ見ぬより多くの人財と関わり、より良いご縁が増えるように活動をしていきたい。