テイルウィンドシステム 立川市のIT求人 コンサルティング、設計、開発

会社概要

  1. Home
  2. /
  3. 3分間スピーチ
  4. /
  5. 社会人になって感じたこと

社会人になって感じたこと

K・Yさん(♂)

私が社会人になって感じたことが二つある。一つは、能動的に動かなければならないということである。学生時代は教授や周りの友人が教えてくれていたため自身から行動する必要がなかったが、社会人になり作業をする上で周りが教えてくれると考え、分からないことを聞かずに待っていた。結果として作業を進めることができず、予定通りに完了できなかったことがあった。この経験から社会人は能動的に動く必要があると強く感じた。もう一つは、計画を立てる必要があるということである。PCのキッティングをする際、計画を立てずに作業をしていたため、こちらも時間内に作業を終わらせることができなかった。このことから、与えられた時間で業務遂行をするためには作業をする前に計画を立てる必要があると感じた。6月から実際にプロジェクトへ配属されての業務となるため、与えられた業務を確実にこなせるように分からないことをしっかり聞くこと、事前に納期を確認して計画を立てて業務を取り組むことを心掛けていきたい。