テイルウィンドシステム 立川市のIT求人 コンサルティング、設計、開発

会社概要

  1. Home
  2. /
  3. 3分間スピーチ
  4. /
  5. 半々は半々ではない

半々は半々ではない

2018.03.09(Fri) M・S本部長(♂)

共働き夫婦の家事分担は、50%ずつ行うのが理想だと思われる。
しかし、本当に夫が50%を行うことで妻が満足するかというとそうではなく、90%程度を実施して初めて満足するという統計があるそうだ。
仕事でも同様で、以前に部長として2つの課を受け持っており、私の中では均等に接していたつもりだった。
しかし、片方の課長から自分達側の課をあまり見ていないのではないかと言われ、ハッとした。
自分では平等に半々の力を注いでいたつもりでも当事者からするともう片方に注力を注いでいるように見えているということなのだ。
逆に指揮命令系統が2つある時、両方から同時に依頼を受けた場合、指示した方からすると出来て当たり前、指示された方からすると一人で二人分こなさなければならず、どちらも中途半端になってしまう可能性がある。
その際は、なるべく報連相を欠かさず、進捗状況が見えるように伝えると良いだろう。
指示者に忘れずに進めているという安心感を与える事が大切なのである。