本日の朝礼 3分間スピーチ

 テイルウィンドシステム立川本社の一日は朝礼から始まります。まず全員で社訓を唱和した後、日替わりで社員1人がスピーチを3分間行います。話す内容は自由で、得意とするITやシステム開発の話から家族のこと、時事ネタまでその人の個性が窺えます。3分間スピーチは、採用されたばかりの新入社員は緊張もしますが人前で話す訓練にもなり、時代をリードする人財へと変わっていくきっかけになっています。



contact 子供から学ぶマネジメント

2016.09.30(Fri) T・Iリーダ (♂)

早いもので娘も2歳半となり、好き嫌いが分かる年頃になってきた。特に私に対してが顕著で、仕事が忙しくあまり家に帰れず触れ合う時間が少ないと「パパ嫌い」早めに家に帰り、遊ぶ時間が増えると「パパ好き」と言われるようになった。娘の成長を見ながら、これはメンバのマネジメントにも活かせるなと、ふと考えた。部下との関わり方について、困っている時だけ手を差し伸べてもあまり意味がないということだ。普段からこまめにメールや電話をするなど気にかけてあげることが大切である。娘と触れ合うように、メンバとも触れ合い、信頼されるマネジメントをおこなっていきたい。




contact 先入観を捨てる

2016.09.29(Thu) H・S部長 (♂)

米国や他国での退職理由の多くは、スキルアップが大半を占めているそうだ。一方、日本においては37%の人が人間関係で辞めているとの統計が出ている。仕事上、人と人とが接する上で避けられないことではあるが、相手に対して先入観を持っていることが根本的な理由となっているのではないだろうかと考えた。例えば部下は上司に対してこれを言ったら怒るだろうとか、上司は部下に対してこの仕事は出来ないだろうというレッテルを貼ることだ。そして自分も相手からレッテルを張られていることを自覚すべきである。ある1面のみを見て判断するよりも、視点を変え、見える視野を変えなければならないと思う。人はそれぞれ育ってきた環境が違う。考え方が違うのは当然なのだ。そのような人間関係を円滑にするためには、意識して先入観を捨てていかなければならない。




contact 声を出す

2016.09.28(Wed) S・Iさん(♂)

入社当初から「声を出すこと」を意識している。ここで言う声出しとは「大きな声を出す」「積極的に声を出す」「自分から声を上げる」の3つだ。大きな声を出す目的は、人にはっきりと伝えるためだ。2つ目の積極的に声を出すは仕事やイベントなどで指示されるのを待つのではなく、自ら進んで行動していくことを意識することだ。「自分から声をあげる」で大切な事は、疑問点をそのままにせず、自ら発信することである。後輩として入社してくる社員の様子を観察していると、まだまだ足りていない部分が多いと感じる。「声を出す」という最も単純な行為から始めることを勧めていきたい。




contact 感謝の想いを伝える

2016.09.27(Tue) K・Sさん(♀)

友人とのふとした会話の中で、あと何日、元気な親と過ごすことができるだろうかという問いかけをされ、ドキッとした。年齢を重ねるにつれ、親孝行について考えることも増えてきたが、その一言を受けて、親孝行以前に親を疎かにしていないだろうかと気になった。突然、病気や事故に遭うかもわからない。時間は有限であり、機会も限りあるものだ。これからは意識的に時間を作って感謝の気持ちを伝えていきたい。また、両親だけに限らず職場や友人も同様に、人と人との繋がりを大事にしながら感謝の想いを伝えること。その結果として、悔いのない人生を歩めることになるであろう。




contact 原点に戻る

2016.09.26(Mon) K・A部長(♂)

先日、当社第1システム部主催のフットゴルフ大会が行われた。一般のお客様も交え、フットゴルフ協会会長もお迎えして盛大に行われた。印象に残ったのは設営部だけでなく、当日参加していた全メンバが主体となって協力して設営していたことだ。会社としての一体感を感じ、非常に良いイベントとなったのではないだろうか。また、先日も運動会改め社内ボーリング大会が開催された。家族を含め100名以上が参加し、盛り上がりを見せていたが、改めて仕事とプライベートを充実させながら、オンとオフを明確化する大切さを感じた。何事にも言えるが、目標が定まっていないとぶれてしまう。1%でもいいから新しいことに挑戦していく姿勢、そのための戦略を立てていく必要性があるように感じた。組織全体を盛り上げていくためにも、社会人としての原点に戻り、挨拶や声掛けから見直していきたい。




contact 「両さん」に学ぶ

2016.09.23(Fri) E・M部長(♀)

「こち亀」の連載が40年の歴史に幕を下ろしたという話題があった。40年という長い期間、何故このように長い連載となり得たかという記事がいくつもあったのだが、その中でも気になるものがあったので紹介したい。それは、主人公でもある「両さん」が超ポジティブ思考であるというものだ。失敗や挫折というのは誰にでもあることだが、そこからの立ち上がり方がずば抜けて秀でているのである。これをレジリエンスというそうなのだが、その中には二つの要素があるという。逆境を乗り越えるレジリエンス、もう一つはチャンスを生かすレジリエンスというものだ。人は逆境に当たった時、マイナスの方向へ気持ちが及ぶが、それを如何に早くフラットな状態に戻すことが出来るかが鍵となる。マイナスな気持ちのままではせっかくのチャンスも活かすことが出来ないからだ。仕事でも同じだが、失敗に学び、生かすことで成功への近道となるのではないだろうか。




contact ミスを軽減する工夫の仕方

2016.09.21(Wed) A・Aさん(♀)

8月から営業事務を担当している。今月で2回目のサイクルが終わろうとしている中で、ようやく仕組みが分かってきたと思いつつも、まだまだケアレスミスが多い。ミスはそのまま自分にダイレクトに跳ね返ってくるため、多大な時間のロスに繋がる。何故ミスを犯してしまうのか。それらを解消するためには3つのポイントがあるという。まず1つ目は、新しい業務につくと必要以上に不安と焦りを感じてしまう。それを払拭出来るような集中できる環境作りをすること。2つ目は、指差し確認や声出しをするといった確認の仕方を工夫してみること。3つ目は身体と脳を使いながら覚えていくことを意識すること。仕組みを知って体感することでミスが防げるというのだ。まずは意識して行動に移すよう心がけていきたい。




contact KKDと新KKD

2016.09.20(Tue) M・S事業部長(♂)

TWS総合研究所が8月より本格的に事業を開始し、この新しいチャレンジは日々新しい発見、新しい学びがある。その中の一つに、KKDと新KKDがある。KKDは「感」「経験」「度胸」で旧式の精神論的営業スタイル。新KKDは「客観的」「科学的」「データ」のPDCA重視の営業スタイル。TWS総合研究所は設立当初より新KKDを意識し取り組んでいる。一つの例としてホームページのページビュー数や検索順位を定点観測し、分析し新しい戦略を立案・実行し、また定点観測し日々改善に努めている。その結果は引き合い・問合せ数の伸びに表れている。新KKDは様々な業務で活用できる考えなので、活用の範囲をこれからも広げていきたいと思う。




contact いち早くたどり着くには

2016.09.16(Fri) Y・Y取締役 (♂)

ずいぶん昔の話になるが、市町村で行っている施設予約システムの開発に携わっていた時の経験談である。受付窓口の負担を軽減するための利用者端末を開発していたのだが、特殊な端末であり大型の機械となるため、装置をすぐに用意できないことを想定してエミュレータを作成して動作確認等を行う必要があった。しかし、詳細な仕様を工場から入手するのに、営業と連動しながら調整しても、思うように入手できず、進めるのに大変苦労した。仕事をする上で、いち早く目的の情報にたどり着くにはどうしたらいいか、そしてそのためにはどこに聞くのか、誰に聞くのか、効率的な方法を見極め、常日頃から意識して行動する必要性があると感じた。




contact やればできる子

2016.09.15(Thu) H・Kリーダ (♀)

先月夏休みを終えた息子は、宿題が計画通りに進まず、全て終わらせることが出来なかった。40日間もあった夏休み、やれば出来たはずなのに。そう思っていたさ中ある記事を読んだ。そこには「やればできる子」について、いくつかの特徴が書かれていた。目についたのは「自分に自信があるからやらない」というものだった。「できる」「できない」は人から言われるものではなく、本人の意思によるところが大きい為、「自分の中ではできる」と無意識に信じている人であるという。しかし、結果的には「出来る」のに「やらない」のは単に出来る事を先延ばしにしているに過ぎないのだ。同時に自分自身を振り返っても、つい先延ばしにし「やらない」でいることが多数あることに気付いた。今言われたことは、今やることを意識することで、変わらなくてはいけないのだろう。




contact 分かりやすく伝えるには

2016.09.14(Wed) H・T部長 (♂)

現在、ヘルプデスクの業務を行っている。電話応対ではお客様と直接話しをするのだが、相手のレベルに合わせた話をしないといけない。開発を行っている時にはあまり機会がないため、一緒に仕事を行っている人間と専門用語を使用した会話をしても通じるのだが、不特定多数のお客様となるとそうもいかない。受け取り方によっては全く違う意味に受け取られてしまうことがあるからだ。これは未経験の新入社員に教える際にも言えることであり、意図が伝わっていないと、間違って覚えてしまう原因ともなり、結果的に足元をすくわれることになる。自分が入社当時に困った経験等を踏まえて、分かりやすく伝えることを意識し、人の事を言う前に自分はできているのか振り返りつつ、指導に生かしていきたい。




contact 危機管理

2016.09.13(Tue) J・Hさん(♂)

先日、長野の温泉地に友人5人で旅行に行った。そのうち2人だけが山登りに行くとのことで翌日から別行動となった。残りの3人はそのまま帰宅したが、彼らはキャンプを張りながら、1週間の登山を予定していた。後で聞いた話だが、登山3日目に台風の影響で、雨風が強くなってきたとのことで、すぐに予定を変更し、その日のうちに下山したそうだ。その為にわざわざ休みを合せ、楽しみにしていた予定だと思うが、危機管理の観点からするとちょっとでも危険を感じたのであれば、すぐに行動を起こして正解だと思う。仕事上でも、危機管理は非常に重要だ。想定外の出来事であってもある程度は予測し、回避する癖を身につけていきたい。




contact 課題を分析する

2016.09.12(Mon) A・Kサブリーダ(♀)

先日見たテレビで、夏休みの過ごし方について分析し、目標を持つ事でその後の成長が違うという話題が取り上げられていた。分析の方法としては夏休み中に「出来た」「出来なかった」を横軸に「やろうと思っていた」「やろうと思っていなかった」を縦軸に起こし、それぞれを書き出していくというやり方だ。この中で重要なのが、「やろうと思っていた」のに「出来なかった」ことと「やろうと思っていなかった」のに「出来た」ことだそうだ。前者はもちろん、今後の課題として取り組んでいかなければならないが、後者については自分の得意分野発見の可能性があり、新たな自分を創り出すきっかけになり得るものだということだ。書くことで明確化し、分析することで、的確に目標を設定する方法として仕事においても有効と言えるだろう。




contact 宣伝効果

2016.09.09(Fri) Y・S支店長(♂)

体操クラブを経営している私の親戚から、紙媒体の広告ではなく、15秒ほどの広告動画を作ってほしいと頼まれた。15秒程度であれば簡単に作れるのではないかと高をくくっていたが、実際作ってみると、逆に短時間で全てを伝えなければならず、非常に難しく感じた。先日、iPhone7の発表を行ったAppleの宣伝の仕方は、素晴らしい。直接的に全てを見せるのではなく、うまく隠すことでユーザが興味を示すような広告となっており、人の心を上手く使って話題の中心となれるような工夫が伺える。宣伝広告というのは正解がある訳ではなく、非常に難しいものであるが、こちらの伝えたいことを伝えるだけでなく、人の興味を惹きつけるという観点から考えてみると違ったものになるかも知れない。




contact コミュニケーション能力

2016.09.08(Thu) N・Sさん(♂)

今のプロジェクトに配属となって、数ヵ月が経ったが、人間関係がうまくいかず悩んだ時期があった。自分のコミュニケーション能力の足りなさを改めて感じ、深く考えさせられた。そんな時、ある講演会を聴講する機会があった。そこでは、コミュニケーション能力とは「聴く力」だと紹介されていた。「聴く」と「聞く」では大きな違いがある。単に音が入るだけの「聞く」と、意識して「聴く」だ。振り返ると、人間関係がうまくいかないと感じるに至る前は、確かに相手の話を聞いているだけで、会話が噛み合っていなかったり、相手の要求を理解していなかったことに気付いた。円滑なコミュニケーションを取るために、相手を理解しようとする姿勢を意識し、相手の立場に立って「聴く」ように心掛けていきたい。




contact 目指す人物像

2016.09.07(Wed) M・K部長 (♂)

最も成果を上げた武将として思いつくのは、江戸幕府を中心とする統治体制を確立し、200年以上統治するきっかけを作った徳川家康ではないだろうか。しかし、多くの日本人が好きな武将を挙げると、上位に挙げられるのは、織田信長、豊臣秀吉、武田信玄などで、どちらかと言うと派手で大きなエピソードがあったり、天下を取ることに意欲的であった人間が多いと感じる。徳川家康が好きな武将として名前が挙がらない理由として、覇気がない、地味、薄情であるからということだった。薄情と言うのは、今まで仕えてきた主人もあっさりと裏切るからとのことであるが、逆を返せば冷静に状況を判断した結果なのではないだろうか。派手さはなくとも、冷静に判断して我慢に我慢を重ねながら成功を収めた人物として、見習うべきであり、好感を持てると私は思う。




contact 人材育成のカギとなるポイント

2016.09.06(Tue) K・U取締役 (♂)

「どんな本を読まれるのですか?」や「どんな勉強をされていますか?」といった質問をよくうける。その際に、わたしは知識と知恵の話をしている。知識よりもどちらかというと、知恵を身につけることが大事だ。その為、部下に指示する際には知恵を身につけるコツを伝えるようにしている。つまり学び方を教えるということだ。例えば、部下から質問があった際に、手順や手法を教えるのではなく、目的のみを教える。そうすることで、考える力がつき、それが知恵となる。更に答えの出し方が身についてくると、応用力もついてくる。このような教え上手と学び上手がうまく循環することにより企業としても成長していくだろう。




contact 健康管理

2016.09.05(Mon) Y・Y専務取締役 (♂)

朝礼でラジオ体操を行うようになって、2か月が経つ。先日もファミリーデー内で健康に関するイベントがあったりと、TWSでも健康を意識している。最近、企業では従業員の健康が会社の経営に効果をもたらす「健康経営」の考え方が広まり始めている。社員の医療費が減れば、それだけ企業が負担している健康保険料の支出が減る。昨今社会的課題ともなっている働く人のメンタルヘルス不調対策、禁煙対策、適正飲酒対策などなどを講じることで健康保険組合における1人当たりの医療費が減少する効果も得られるという。私は今年に入り、自らの意思で健康を意識して取り組みを始めた為、今でも続けられている。仕事においても、やらされていると思っていると継続は難しいが、自ら気付いて行動していけば継続も難しいことではないだろう。




contact イスラエルの技術

2016.09.02(Fri) H・Nマネージャ(♂)

ニュースでイスラエルの技術力の高さを特集していた。無人偵察機の開発が進んでおり、世界中に販売している。アメリカの製品よりも優れた機能を持ち、安価であるとのことだ。イスラエル人の友人から聞いた話によると、日本ではあまり知られていないが、親日家が多いそうで、レーダー技術や通信技術等で日本との協力関係を望む声が多いそうだが実現には至っていない。しかし、日本企業とのコラボレーションが期待されているということは、日本にとっても大きなビジネスチャンスになるのではないだろうか。つまり、TWSにとってもこのような現状を踏まえ、世界に役立つITの利用を考えることは、意義のあることだ。いつかイスラエルのような隠れた技術先進国に於いても、協力関係を築けることを期待したい。




contact 発想の転換

2016.09.01(Thu) 迎社長(♂)

「発想の転換」といっても現状を180度行動を変えるとなると、人は自分の固定観念に捉われてしまい、状況を打破し結果に結びつけるのは容易ではない。しかも単に発想を変えるだけでなく、一番大切なことは本質を見逃さない事だ。目先のことばかりに捉われると、本来あるべき姿とは異なってしまう。つまり目標を掲げ本質を見失わず更に現状を打破する為に発想を転換していく必要性があるのだ。また、先日まで行われていたオリンピックで活躍した、陸上短距離走のボルト選手が過去インタビューを受けていた最中に、会場から他国の国歌が流れた際、インタビューを一時中断し、国歌に耳を傾け選手たちへのリスペクトを表していた。相手のことを考えて敬意を評することのできる素晴らしく、それだけ大きな器をもつ男が、世界一になるのは偶然ではなく必然であるのも納得出来る。人は思いやりを持っていなくてはならない。他人の失敗に対し、指摘し非難するのは簡単だが、意見をする上でその先にどうあるべきかをアドバイスが出来る人になってもらいたい。お互いをリスペクトし合える人財集団であり続けたい。今年も残り4か月足らずとなった。常にその先を見据え、一人ひとりが成長する機会を見逃さないでもらいたい。

ISOの認証取得なら株式会社TWS総合研究所 仮想化セキュリティの決定版 CS-TWiSt

Page Top

Copyright © 2019 (株)テイルウィンドシステム All rights Reserved.