本日の朝礼 3分間スピーチ

 テイルウィンドシステム立川本社の一日は朝礼から始まります。まず全員で社訓を唱和した後、日替わりで社員1人がスピーチを3分間行います。話す内容は自由で、得意とするITやシステム開発の話から家族のこと、時事ネタまでその人の個性が窺えます。3分間スピーチは、採用されたばかりの新入社員は緊張もしますが人前で話す訓練にもなり、時代をリードする人財へと変わっていくきっかけになっています。



contact チャンスをものにする

2018.04.27(Fri) K・Iさん(♂)

入社して丸3年が経過し、今までを振り返ると様々な経験をする事が出来たと改めて感じる。入社して2ヶ月が経った頃、全社員の前でスピーチをする機会をいただいた。そこでは柔道経験から帯を締め直して気合いを入れていた事を思い出し、気の緩んだ際には一度背筋を伸ばして気を引き締めると良いという事を伝えさせてもらった。現在は労働者代表として衛生委員会にも所属し、社員としての意見を会社に提言する立場として、関連ISO取得に向けたインタビューにも参加させて頂く。私はとても恵まれており、様々な場面で沢山のチャンスを与えて頂いている。そのチャンスを逃さないように努力を続けたい。新入社員の皆さんも入社して1ヶ月が経過し、そろそろ会社に慣れ始めた頃ではないだろうか。気が緩みそうになった際には、自分自身を見つめ直し「帯を締め直す」事をお勧めする。




contact 問題回避の方法

2018.04.26(Thu) Y・O事業部長(♂)

運用や開発のプロジェクトに携わるにあたって時にはトラブルに巻き込まれる事もあるだろう。突然のシステム障害等で焦る場面も出てくるが、その際の対応方法についてお話したい。すぐに解消出来ないと更に損害が広がったり、人件費も膨らむ等で、焦ることもあるが、その際に焦ったまま無我夢中で作業を行なうと誤送信や、操作ミス等、二次災害等も起こり得る。一呼吸置いて今何をしないといけないのか、本当にこれをやっても良いのかについてをきちんと整理してから行なう事が大切である。分からない時には勝手に進めず、指示を仰いだり質問したりするようにして欲しい。何事もまずは冷静になって、順序立てて整理してから対応する等の対策をする事をお勧めしたい。




contact 社会人としての心構え

2018.04.25(Wed) Y・Y取締役(♂)

社会人として注意すべき大切な事は3つある。1つ目は受けた仕事の期限についてだ。仕事の依頼を受けた際に「○○やっておいて」と期限を言われない事もあるが必ず聞くようにして期限内に終わらせるようにする事だ。2つ目は依頼された仕事のゴールについてを考える。例えば、PCを1台持って行くように指示された場合、持って行くだけで本当に良いのか?電源に繋ぐ必要は?設定をする必要は?等、思いつく限り考え指示者に確認する。開発で言うと要件定義で行うのだが、動作を始める前に如何に多くの要件を聞きだし、事前に対策を練るられるかでその後の対応も違ってくるはずだ。3つ目は報連相を必ず行なう事である。現状を報告する事や、作業完了の報告等、まず新入社員は「報告」をきちんと行なえるように徹底する事から始めて欲しい。分からない事を挙げる事も立派な報告になるので躊躇せずに些細な事でも確認する癖を付けて欲しい。




contact 反復訓練の大切さ

2018.04.24(Tue) N・H支店長(♀)

本日、鳥取支店にてISO45001の審査が行なわれる。審査対応と言うのは何度やっても慣れないものだ。私の家の町内会では年に1度、防災訓練として消火器の使い方やAED講習等が行なわれる。AEDの使い方については、今までに4回参加したのだが、1年に1回の事という事もあり、毎回何かしら忘れてしまっていた。さすがに4回目には殆どミスなく行なう事が出来たが、これも全て反復訓練をした結果だと感じている。現在、新入社員はLPICの講習を日々受けており、大変だと思う事も多々あるだろう。しかし、せっかくの機会であるし、反復して学習する事で自身の身になり、今後の役にも立つ。何事にも言える事だが、1年に1回で足りなければ何回でも、反復して行なう事でより効果を発揮するのではないだろうか。




contact 百戦、百勝、1忍に如かず

2018.04.23(Mon) M・S本部長(♂)

毎年、新卒が入社してくるこの時期になると話す話がある。「あおいくま」という言葉をご存知だろうか。焦るな、怒るな、威張るな、腐るな、負けるな、という言葉の頭文字を取って「あおいくま」という。他社と比べて焦るのではなく、自分が出来る事を一生懸命やる事、怒るのではなく叱ること、役職を笠に着るのではなく謙虚に、どうせ自分なんかと卑下するのではなく前向きに、決して言い訳をしてはいけない。新社会人だけでなく、万人に意識してもらいたい言葉だ。ただ全てにおいて「するな」と非定型であった為、つまるところ、やらなければ良いのだと考えていたのだが、ある言葉を聞いてからこの考え方が変わった。それは「百戦、百勝、1忍に如かず」という名言だ。耐え忍ぶ事は勝ち続ける事以上に大切であるという意味だ。社会人になると理不尽に感じる事が必ずある。そのような時にも耐えて打ち勝つ強さも大切にしてもらいたい。




contact 教える事で学ぶ

2018.04.20(Fri) R・Tさん(♀)

入社して1年が経過し、本日の午後新入社員に研修を行なう予定になっている。本日の研修を行なうにあたり昨年末頃より同期で計画を立てて来たが、研修を行なう側になって初めて教える側の苦労を学んだ。今までは教わる側であったので、今回のように教える側の機会を頂き、自分自身も成長する機会になったと感じている。今年度の新入社員にとって2年目の私達は一番近い存在となるので、よりお手本になる姿を見せられるよう気を引き締めて過ごしたい。また、本日の研修は私達同期の集大成となる物であり、楽しみながら学んで頂けたら光栄だ。




contact メラビアンの法則

2018.04.19(Thu) T・Aさん(♂)

以前、上手に話すコツを上司に聞いた際「メラビアンの法則」を教えていただいた。この法則には3つのポイントがあり、①内容(言語情報)②通る声(聴覚情報)③姿勢(視覚情報)が重要との事であった。この中でも特に重要な項目は何かと尋ねたところ、私は①を考える事が1番大切であろうと思ったのだが、実は③が大切なのだそうだ。まずは見た目、もちろん容姿ではなく表情や仕草等を注意することで相手に伝わりやすくなるそうだ。次に重要なのは②通る声で、①は最後に注意すれば良いとのこと。今まで話の内容ばかりを気にして、相手にどう見られているかに気が回っていなかったのだが、実際には逆で、内容は少々つまらなくても、相手に訴えかけ、引き込むような所作、聞き取りやすいトーンで話すことを意識すれば良いとのことだ。この3分間スピーチを含め、当社では人前で話す機会が多数設けられている。その際はこのメラビアンの法則を想い出してもらいたい。




contact 当たり前は当たり前ではない

2018.04.18(Wed) A・Kさん(♀)

人間は当たり前だと身体に染み付いてしまうと、新鮮味を感じなくなり、言葉を受け入れ難く感じる事が多いと思う。普段より迎社長を始め、幹部が口にはしているが「当たり前な出来事を当たり前だと思ってはいけない」ということを改めて感じた。久しぶりに前職の同僚に再会した際、その同僚がTWSホームページで3分間スピーチを見てくれており、特に迎社長の記事を読むと背筋が伸び、気が引き締まると言っていた。実際、私も目の前でスピーチを聞いているのだが、彼女ほど心に響いていたのだろうかと疑問に思った。話を聞ける事が当たり前になっていて、その同僚に比べると受け留めている量が違うのではないかと感じた。初心に却って、今当たり前に思っている事は当たり前ではないんだと肝に銘じて業務に励んでいきたい。




contact おもてなし精神の大切さ

2018.04.17(Tue) Y・Aさん(♀)

先日韓国へ訪れる際、鳥取県で唯一国際線がある米子鬼太郎空港を初めて利用した。空港内では職員の方々のおもてなし対応が非常に素晴らしく、気持ちよく出国することが出来た。小さな空港のため、大きな空港と比べると便数や人数も違い行き届いたサービスが出来ると思われるかも知れないが、一人の職員が色々な業務を兼務していたのも見受けられ、忙しさとしては大差ないのではないかと感じた。外国人にとっては母国に帰る前の最後の日本の玄関口であり、職員の対応が良いと、日本の良い思い出として心に残るのではないだろうか。正に日本のおもてなし精神を改めて感じることが出来、このような日本の良いところをこれからも受け継いでいかなければならないと感じた。新入社員の皆にも、自分の言動=会社の言動となることを理解していただき、おもてなしの精神を忘れずに対応することを心掛けて欲しい。




contact 自身の枠を超える

2018.04.16(Mon) Y・Tさん(♀)

今まで私はマーケティングの仕事を主に行なって来たが、最近、コンサルティングの仕事にも携わるようになった。その為、お客様と近くで接することが出来、非常に良い経験となった。先日も関わっていたお客様と初めて直にお会いし、話をする中で、自身の枠を超えて仕事をする事は非常に新鮮且つ、成長に繋がると感じた。以前、常務取締役が新卒社員へ向けての言葉として「失敗を許されるチケットを持っている」と言っていた。社会人1年目である1年間は何か失敗しても無条件に許してもらえ、教えてもらえる時期だ。自分自身で出来る事の枠を決めず、失敗を恐れず、まずは挑戦する気持ちを大切にし、失敗をして次に活かして自分の考える枠を超えて大きく成長出来るように努力して欲しい。




contact 一つひとつの意味を考える

2018.04.13(Fri) M・Nさん(♀)

何か問題が起きた際に解決方向を探ろうとするが、例えば誰かに連絡が取りたくて何度か電話をしても通じない時に電話に固執をしてはそこで先には進まないが一旦他の手段で連絡を取れないのかという事を考える事が大切だ。その結果、メールに変更する、人づてに伝えてもらう等、様々な手段を見つける事が出来るからだ。他にも報連相を上司にする際に、言い難くて言うのをやめてしまってはスムーズな連携を取る事が出来ない。日々の業務でも全ての作業に対し、ただの作業とならないように一つひとつの作業の意味を考えて行動したい。




contact ユースエール取得企業として

2018.04.12(Thu) Y・Y専務取締役(♂)

今年は新卒社員として11名が4/2に入社した。例年に比べると人数が多い要因として考えられるのは様々な会社としての取り組みが評価されつつあるのではないかと感じている。例えば、昨年は東京都のライフワークバランス企業として認定され、東京都知事から賞状をいただいた。また、つい先日にはユースエールという厚生労働大臣より若者を採用し育成出来る、また雇用の管理がしっかりと行なわれている企業として栄誉な認定を頂いた。現在はISO45001という労働安全衛生の国際規格認定取得を視野に入れ、規格を制定することで体系的に安全かつ健康的な職場環境を構築することに努めている。TWSでは社員が働きやすい環境を提供するために企業として多数の取り組みを一つひとつ実行に移している。私も営業として活動するにあたり、数字を追いかけるのはもちろんだが、TWSの企業としての魅力もアピールすることで、今後の受注に繋げていきたい。




contact 仕事を好きになる

2018.04.11(Wed) Y・M顧問(♂)

社訓の中に「人と人とのコミュニケーションを取り社会に貢献する」とあるが、まずコミュニケーションを取るというのは一方的に相手に伝えるのではなく、相手からの反応があってから取れたと言える。その際、相手の立場になって親身になって接する事が重要となる。特に同期は利害関係なく、助け合う事が出来る仲間であり、一生大切にして欲しいと思う。また「個人の能力を育み、常に時代をリードする」と言う社訓もあるが、育んでもらえるような環境がTWSには勉強会を始め沢山存在する。まずは自身の好きな分野を見つけ、勉強を楽しむ事から始め、徐々に頑張り仕事を好きになってもらいたい。




contact BDH(バースデーホリデー)の過ごし方

2018.04.10(Tue) H・Yさん(♀)

先日、BDHを取得した。いつも有休は子供の用事で取得しているが、今回は昔からの友人に会うためにお休みを取得した。その友人達とは、会わない期間があっという間に6年経ってしまい、本当に久々の再会であった。子供が小さい家庭に共通することだと思うが、病気で保育園に預けられないという不測の事態に備えると、自分の為に有休を取得するには勇気がいる。BDHも最初は保育園のイベントのためにとっておこうかと思っていた。しかし、せっかくだから自分のためにとったら?という夫の言葉もあり取得することが出来た。結果としては非常にリフレッシュすることが出来、有意義な時間となった。取得の際も誰からも嫌な顔をされることなく気持ちよく休めたことにも感謝している。TWSでは、してもらったことは次へ繋げていこうという社風がある。私もしていただいたときの気持ちを忘れず、周りの方が気兼ねなく休めるよう、フォローできる技術を身につけていきたい。




contact 相手の心を掴む

2018.04.09(Mon) H・Nさん(♂)

先日全社員とご家族を含め、お花見列車で熱海へ行った。4月に入社して1週間が経った新卒社員も参加していたが、元気に楽しそうに過ごしている姿を見て安心した。自身の新人の頃は溶け込み方が分からず、緊張した事を思い出した。まずは同期内でのコミュニケーションを大切にし、同じ悩みや課題を共に解決、乗り越えて行く事で総合的技量のアップに繋がる。また、現在私は新たなプロジェクトに携わっているが、初めは個々の作業に集中し上手く噛み合わないという事が多々あった。現在では個々の作業の他に自身と関わりのある作業をしている者との連携を図る事でスムーズに業務を進める事が出来ている。相手の心を掴んで周りがどのように思っているのかを考えながら業務に携わって欲しい。




contact プロ意識を持つ

2018.04.06(Fri) Y・Kテクニカルエキスパート(♂)

本日より新入社員が社内研修を開始となる。学生時代にはお金を払い勉強をしていたが、社会人はお金をもらい仕事をする為、しっかりとプロ意識を持って行動してほしい。野球選手であればいくら打率が良くても怪我をして休んでしまってはチームに貢献出来ない。IT企業も同様で、まずは休まず業務に励んでいくこと。研修後、プロジェクトへ配属される際にはTWS社員としてTWSの看板を背負い、責任を持って、まずは笑顔で挨拶をして自分自身をアピールしていってもらいたい。




contact 最先端技術を有効活用する

2018.04.05(Thu) Y・Kサブリーダ(♂)

先日ニュースで「スマートタウン」について放映されていた。「スマートタウン」とは最先端の技術を組合せてエネルギーを有効活用している次世代の街を指す。有名なものでは太陽光パネルの設置等が挙げられ、その他蓄電池やHEMS(家庭内エネルギー管理システム)、スマート家電等が搭載されているそうだ。中でも気になったのは宅配ボックスに発信機を付けて、留守中に郵便が届いた際に紙面の不在通知で再依頼するのではなく、メールにて郵送された連絡を受けることが出来るという機能があるそうだ。私の家では「Google Home」や「Chromecast」を既に利用しているが、更に最先端の技術を取り入れ、まずは自宅からスキルアップを行っていきたい。




contact 思った事を口にする大切さ

2018.04.04(Wed) T・Iマネージャ(♂)

先日初めてプロレス観戦に行ったのだが、生の迫力に圧倒された。自身の感情を前面に出してアピールしている、とある選手を応援しているのだが、その選手がいつも「思った事は口にしないと夢は叶わない」と言っている。その選手は、まだ無名の頃からメインを飾るプロレスラーになりたいと常に公言しており、近年では、年間のMVPを受賞する等、実際に夢を叶える事が出来ていた。私自身は営業で月間トップを取る事を目標にしており、その目標を口に出して目標達成を目指したい。皆さんも個々に夢や目標はあると思うが、自分の内に秘めているのみではなく是非口に出してみる事をお勧めする。




contact 究極のゆとり世代

2018.04.03(Tue) 迎社長(♂)

昨日、入社式が執り行なわれ11名の新入社員がTWSに入社した。今春の大卒社会人の多くが1995年生まれ。小学校から高校までフルに「ゆとり教育」を受けた「究極のゆとり世代」と言われる。指示待ち型でストレスに弱く自分にしか興味ない、など散々な言われようらしい。一方では、ゆとり教育導入後に下がった日本の学力を回復させた世代とも。最近は給料を高くもらえて忙しいよりも、休みや自分の時間が取れれば給料は安くていい。。。という新社会人がアンケートで8割もいるとの事。これもゆとりの影響か!?時代も変わったもんだ。。組織を変えるパワーを持ちながら派手な言動を好まない彼らをどう生かすか!?TWSの社風や上司、先輩の手腕が問われる。

ISOの認証取得なら株式会社TWS総合研究所 仮想化セキュリティの決定版 CS-TWiSt

Page Top

Copyright © 2019 (株)テイルウィンドシステム All rights Reserved.