本日の朝礼 3分間スピーチ

 テイルウィンドシステム立川本社の一日は朝礼から始まります。まず全員で社訓を唱和した後、日替わりで社員1人がスピーチを3分間行います。話す内容は自由で、得意とするITやシステム開発の話から家族のこと、時事ネタまでその人の個性が窺えます。3分間スピーチは、採用されたばかりの新入社員は緊張もしますが人前で話す訓練にもなり、時代をリードする人財へと変わっていくきっかけになっています。



contact 目標と信念を理解する

2018.10.31(Wed) Y・Y専務取締役(♂)

先週の土日は全社員研修であったが、終了後に研修の設営グループから御礼のメールがあった。それに対し、社員から運営への御礼メールが多数飛んでいる。感謝の気持ちを伝えることは簡単なようで、実際は忘れがちだ。迎社長が普段から言っている「感謝の気持ちを忘れない」がこの研修で社員に浸透した結果なのではないだろうか。また2日目の少し気が緩んでくる時間帯に部長からの叱咤があった。実際、私も集中力が切れかけていたが、これにより最後まで引き締まった研修になった。大勢の前で意見することは勇気が要ることだが、見て見ぬふりをするのではなく気付いた時に勇気を持って言えるのは素晴らしい事だ。本日は迎社長の誕生日であるが、社内サポートデスクからお祝いメールが飛んでいた。この活動は社長だけでなく、社員全員に対して行われているが、通り一遍ではなく、一人ひとりに対して心のこもった内容となっており、心打たれる事もしばしばあった。会社が大きくなっていく上で、トップと社員の目標が一致していることは大切なことだ。TWSは来年15周年を迎える。会社から企業へと更に発展する為に、迎社長の信念を理解し、個人と会社の目標を一致させて突き進んでいきたい。




contact 人の意見を聞き入れる

2018.10.30(Tue) Y・Yさん(♂)

10月の27、28日と全社員研修に参加した。8月に鳥取支店で採用され、入社してから初めて参加するイベントだった為、凄く緊張していた。しかし皆が家族のようにとても優しく接してくれ、すぐに緊張も取れて2日間楽しく過ごすことが出来た。特に印象深いのが、グループディスカッションで問題が発生した時にどう対応するかを学んだことだ。自分の考えだけでなく、人の意見を聞くことで改めて気付くことや、今まで遭遇したことが無いような問題も多数あり、大変勉強になった。今後、問題に直面した時には研修で学んだことを生かし、人の意見もどんどん聞き入れて問題解決にあたりたい。更にこれから3ヶ月間、立川本社での研修となる。ここで学んだことは、鳥取に戻った後すぐに活かしていかなければならない。また、皆に優しくされたことを忘れずに、鳥取支店が今後拡大していく時には責任ある頼れるリーダとして引っ張っていく。




contact 仕事は計画的に

2018.10.29(Mon) K・U常務取締役(♂)

私が新卒で入社した頃、上司の口癖が「計画なくして活動なし、活動なくして受注なし、受注なくして売上なし、売上なくして利益なし、利益なくて事業なし」というものだった。会えば必ず「計画作って仕事してるか?」と言われ、苦々しい想いをしていた。とは言え、何も素晴らしい計画書を作成しろということではなく「何を、誰が、いつまでに」ということを常に見える化し、やるべきことの抜け漏れや遅延をなくすことが目的であり、紙切れに走り書きでも良い。そうすることでしっかり事前準備ができ、フォローアップも遅滞なくできる。パソコン上で保管してしまうと目に留まりにくくなるため、印刷したものを貼り出しておく事もお勧めだ。週末は全社員研修にて事業計画を策定した。来年1年間はその事業計画を基に事業が進んでいく事になる。初心に返り、日々の仕事においても計画を立てつつ、効率よく仕事をこなしていきたい。




contact 物の価値

2018.10.26(Fri) A・Kさん(♀)

先日、友人のお父様がお亡くなりになった。末期がんで在宅療養をしていた為、最後の方は一時も傍を離れられない状態が続いたそうだ。その為、買い物にも行けない程で、食事の準備もままならず、大変だったそうだが、近所の方や親戚が食料を持ってきてくれたり、様子を見に来てくれたりと、本当にありがたかったと話していた。また、その時いただいた食料はいつもの何十倍も美味しく、価値があるように見えたとも言っていた。いただいたものはいつもと同じだったはずなのだが、その時の状況や心境によって価値は何十倍にも膨れあがる。それは仕事でも同じで、普段からお客様の要望に答えるのはもちろんだが、困っている時に手を差し伸べてこそ、仕事の価値が上がるのではないだろうか。相手の希望や要求を、些細な言葉を逃さずに見極め、またその要望を解決して提供できるだけの技術を磨き、価値のある仕事をしていけるよう努力していきたい。




contact 地域社会への貢献

2018.10.25(Thu) M・Yサブマネージャ(♂)

マルセイバターサンドで有名な六花亭という北海道の会社を紹介するニュースを見た。印象に残ったのは3つで、従業員が1,000名を越す老舗会社ではあるが、社長がその社員の殆どの顔と名前を覚えていること、社内の意見投稿システムに毎日1,000を越す投稿があり、ここから改善点やヒット商品が生まれていること、従業員との信頼を第一に考えており無理な企業拡大をしないことだった。六花亭が目指しているのは「北海道にあって良かったといわれる会社」だそうだ。実際、北海道内での雇用を生むだけでなく、古い歴史的価値のある建物などを修繕・再利用をする事で、北海道に貢献をしている。TWSも私が入社した7年前からは比べようも無いくらいに大きくなった。企業として利益を追求していくのは大前提の話だが、これからは更に地域社会に貢献していくにはどうすれば良いのかを考えていくことも必要である。明後日から2日間、TWS全社員研修がある。TWSの今後を皆で話し合い、夢を膨らませる2日間としたい。




contact 器の大きさ

2018.10.24(Wed) H・N(♂)さん

人を素直に賞賛出来ない人が居る。何故かというと、他人を賞賛することで相対的に自分の価値が下がると感じるからだ。自分の評価を上げるために他人を賞賛出来ないとは、なんと器の小さいことだろうか。迎社長が以前「会社は、社長の器以上に大きくならない」と仰っていた。つまり、トップを走る人の器の大きさは会社の大きさまでに影響してくるというのだ。器の大きさは努力すれば大きくなるというものでは無いが、様々な経験を積むことで少しずつ大きくしていけるものだと思う。少なくとも他人を蹴落として自分の評価を上げるような事を続けていては小さくなる一方だ。また努力してもなお、自分で自分の器が小さいと感じるならば、心にゆとりを持って見方を変えて見てはどうだろうか。小さな器だとしても乗せる料理が素晴らしければ賞賛を得られるのではないか。見方を変えてオンリーワンを目指すことで新たな自分を発見できるかもしれない。




contact 睡眠の質を考える

2018.10.23(Tue) Y・A(♀)さん

NHKが5年ごとに行っている国民生活調査によると日本人の平均睡眠時間は7時間15分で、世界的に見ると非常に短いそうだが、私が思っていたよりは長いと感じた。但しこれには子供や老人も含まれており、地域や年代でもかなり差があるようだ。一般的に、理想の睡眠時間は7~8時間と言われている。日々の生活で十分な睡眠時間を摂ることは思うよりも難しいものだ。その為、より効率よく体を休めるよう、睡眠の質を上げることが大事だ。カフェインが脳の覚醒を促すことは知られているが、ブルーライトも同様の効果がある為、寝る前はコーヒーや紅茶を止めて白湯を飲んだり、スマホやパソコンを止めて、ストレッチをしてみたりして睡眠の質を上げてみて欲しい。質の良い睡眠や十分な睡眠は翌日の集中力やミスの低減に繋がる。朝から元気に1日を過ごす為にも、意識して良い睡眠を取っていくことも必要である。




contact アルケミスト 夢を旅した少年

2018.10.22(Mon) Y・Kテクニカルエキスパート(♂)

ブラジル人作家パウロ・コエーリョの作品に「アルケミスト 夢を旅した少年」という本がある。アルケミストとは錬金術師を指す英語で、この本は少年サンチャゴが錬金術師の導きによって旅に出るという小説である。冒険小説というよりは人生にとって大切なものは何かを教える啓示本に近い。この本の中に出てくる一節に「人が本当に何かを望む時、全宇宙が協力して、夢を実現するのを助けるのだ」という文がある。スピリチュアル的な内容にも取れるが、私には以前、迎社長が仰っていた「無理をして物事を進めると必ず何処かで問題が起きる。これを神様の啓示だと私は受け取っている」という言葉に聞こえた。事前に準備をきちんと行い覚悟を持って望めば、人や時間等あらゆる物事全てが自分に協力してくれ、望みは叶うだろう。私もTWSに勤務してから1年が経ち、初心を忘れかけていた。今、TWSはRIMSの事業譲渡が締結し、新たなシーンへと一歩を踏み出したところだ。私も夢を忘れず、強い意志をもって新たなシーンへと進んでいきたい。




contact ペットとの過ごし方

2018.10.19(Fri) M・Yさん(♀)

私は以前、トリマーとして動物病院に勤めていた。当時、病院に来るペット達に特に多い病気は癌とストレスだった。ストレスは言葉が通じず、体も小さいペット達にとっても大きな病気だ。悪化するとお腹を壊したり、毛を舐めすぎて抜けてしまったり、攻撃的になったりする。ストレスの原因は色々とあるが、東日本大震災の影響を強く受けたペット達が特に多かった。東京は東北ほど影響を受けなかったとは言え、建物は大きく揺れ、食器などが落ちたり棚が倒れたりした家庭も多かったのではないだろうか。ペット達も揺れを本能的に恐いと理解しており、震災の後は少しの揺れでも過敏になり、近くで行われている工事にも怯えてしまう事象も多かった。ストレスの一番の治療法は寄り添ってあげることだ。撫でたり抱っこをしたりスキンシップを取るとペットはそれだけで落ち着きを取り戻す。人間も同様で自分では良く分からないうちにストレスを溜めている場合があるだろう。その場合も家族等と適度にスキンシップを取り、安心感を共有することが一つの対処方法になり得るのではないだろうか。




contact TWSの看板を背負う

2018.10.18(Thu) Y・M顧問(♂)

数十年前の話になるが、ウィルスソフトが上手く更新されておらず、ある1台のパソコンにウィルスが入り込んでしまったという出来事があった。その際に、原因をはっきりさせるには時間を要する為、まずはお客様先へ連絡し、ご自身のPCに異常がないか確認を取っていただくようお願いした。その後、検証テスト等を行なったが、結局は、ウィルスソフトの設定が上手くいっておらずアクセス出来ない状態になってしまっていることが判明し、設定を変える事で事なきを得た。実際、社内で何か不具合が起きた際には出来るだけ早く有識者に指示を仰ぐ事が大切だが、お客様先においては「私は分かりません」では通用しないだろう。まずは自分が置かれている状況を的確に理解し、TWSの看板を背負っているということを肝に銘じて作業に励んでほしい。




contact 日経xTECH EXPO 2018 働き方改革2018

2018.10.17(Wed) M・Sさん(♀)

本日より「日経xTECH EXPO2018」が始まった。この展示会にはTWSも出展しており、働き方改革を行えるツールとして「お気楽パリピ」というスマートフォン用アプリの紹介を行っている。私も明日、明後日は説明員として東京ビッグサイトまで行く予定だ。7月にも同様に展示会へ出展しており、参加は2回目となるのだが、実は前回説明員として赴くも、入社3ヶ月目という事もあり、アプリ自体をちゃんと理解できていなかった為に、説明や質問に対して返答出来ない場面が多く慌ててしまう場面が多かった。その為、名刺交換は出来ても、その後のやり取には発展できず、悔しい思いをした。お気楽パリピはTWSで自社開発・発表したスマートフォンアプリで、東京都のライフワークバランス認定企業として自信を持ってお勧めできる物だ。今回のEXPOでは前回の反省を踏まえて、お気楽パリピというアプリをの良さを知ってもらうため、全力を出したい。




contact 目指せ100年企業

2018.10.16(Tue) K・Iさん(♂)

100年企業とは、その名の通り100年続いてる企業のことで日本には約2万6,000社あるとのことだ。日本は世界でも類を見ない長寿企業大国だ。長寿企業のトップ10に日本企業はなんと7社もランクインしており、200年以上続いてる企業の割合いを見ても45%が日本企業である。一番古い企業は500年以上前、つまり飛鳥時代まで遡るというからにわかには信じがたい。これほどまでに企業が長く続く理由としては、社員100名程度の中小企業が多いことや、本業に専念し無理な経営拡大をしないこと、良いものは残しつつも時代の変化と共に変化する柔軟な姿勢をとっているなど色々あるが、一番の理由は日本人特有の「おもてなし」の心、つまり相手を気遣う心ではないかと思う。日本人は古来から絆を大事にする国民性がある。迎社長がよく「苦しい時に助けてもらった恩は絶対に忘れない」と仰っているが、その気持ちが100年以上続く長寿企業の土台としてあるのではないだろうか。TWSも今年で創立から丸15年となった。100年企業まで、そして100年以上続けていく企業として、これからも社員として盛り立てていきたい。




contact 感謝の気持ち

2018.10.15(Mon) T・Fさん(♂)

私は現在、研修として東京に来ているが、約1ヶ月前に、昨年も参加した鳥取砂丘清掃プロジェクトに参加する為、帰省した。鳥取砂丘の清掃プロジェクトは度々行われているが、そのたびに大量のゴミが収集される。今回も各グループ毎にゴミの量を競いあう試みのもと、約500kg超のゴミが収集されたそうだ。ゴミの中には漂流ゴミだけではなく、観光客が捨てていったと思われるゴミもあり悲しい思いもあるが、鳥取県の大事な自然を守るため、今後もこのようなボランティアにはどんどん積極的に参加していきたい。昨年は、鳥取から東京に来ていたのは自分1人だけだったが、今年は自分を含めて4人もいる。8月には新しい仲間も加入し、段々と賑やかになっている。ボランティアへの参加を勧めてくれる会社には感謝の気持ちを忘れずに、鳥取支店に戻った際には恩返しの気持ちも込めて、鳥取支店を更に盛り上げていきたい。




contact 笑顔の価値

2018.10.12(Fri) Y・Tさん(♀)

先日、一緒に仕事をした同僚の細かい気配りや仕事の仕方に感激した。特に笑顔が素晴らしく感銘を受けた。笑顔によって相手の印象を良くする事は皆知っていると思うが、実は自らにも良い効果があることをご存知だろうか。笑顔を作ることによって、ドーパミンなどストレスを減少させるホルモンを分泌され、更に幸せホルモンと呼ばれるエンドルフィンなどを発生させて血圧を下げたりするそうだ。これは作り笑いや愛想笑いでも良いらしい。実際に笑わない人より、笑う人の方が寿命が長いという研究結果も出ているとのことだ。動物の中で一番笑うのはヒトであり、その中でも特に笑顔が多いのが子供で、1日に400回も笑顔になる。イギリスの研究者によると、1回の笑顔には280万円の価値があるそうだ。子供で換算すると280万円×400回分にて、スティーブ・ジョブスも驚きの収入になる。それだけ笑顔になるというのは素晴らしくて価値のあることなのだ。皆も一度初心に返って、まずは笑顔になるところから始めてみてはどうだろうか。




contact 次世代型移動サービス

2018.10.11(Thu) Y・Kサブリーダ(♂)

先日、ソフトバンクとトヨタ自動車が次世代型移動サービスについて提携するというニュースが流れた。どちらも大企業だが、トヨタは歴史ある典型的な日本企業であり、逆にソフトバンクは孫社長が一代で築きあげた企業で、社風は水と油くらい違うと言われている為、驚いた。内容は次世代型移動サービスという事で、具体的な内容としては自動運転での配車に加え、車内で簡単な診察をしてデータを病院に先に送付する病院送迎サービスや、移動中に調理しながら料理を届けるデリバリーのサービスなど、私達が小さい頃に「きっと未来ではこうなっているはず!」と夢見たことを実現するというのだ。しかも更に驚くことに、このサービスを2020年の初頭に実現したいとのことで非常に夢のある話しだとワクワクした。少し前までは考えもしなかったようなことがどんどん実現に向けて進んでいる。私も興味を持ったことは、もっと貪欲に知識を吸収し、最先端の波に乗り遅れることなく進んでいきたい。




contact TWSへ感謝の気持ち

2018.10.10(Wed) H・Yさん(♀)

私は明日から産休に入る。早いもので現在9ヶ月、あと出産予定日まで42日となり、お腹もどんどん出てきている。昔は出産は命がけで行う一大イベントで死亡率も決して低くは無かったが、医学の進歩と共に安全に出産出来るようになった。それでも全てが順調に進むということも多くないようで、私も現在まで続いている悪阻など小さなトラブルはある。しかしそれも家族の支えや、産婦人科のサポート、そして何よりもTWSの皆様の理解のお陰で、胎児もすくすくと成長し今日を迎えることが出来た。明日からしばらく会社から離れることとなるが、復帰してまた皆と会えることを今から楽しみにしたい。そして復帰した際にはTWSの一員として、ライフワークバランスのお手本となるよう工夫しながら仕事と育児を両立させていきたい。




contact 父を救った薬

2018.10.09(Tue) N・H支店長(♀)

先日、がん免疫療法に貢献した本庶祐特別教授がノーベル生理学医学賞を受賞した。実は私の父は3年前、二回目となる胃がんの手術をし胃を全摘出した。当時は余命1ヶ月とも言われていたが手術は成功し、その後2年間抗がん剤治療と戦っていたのだが、見る見る痩せてしまい、眉毛まで抜け落ちた。がんに侵されていた頃より弱ってしまった。そんな時、本庶教授の研究を元にして作られた免疫薬「オプジーボ」の治験を受けてみないかと病院側から提案され、受けることとなった。結果、多少の副作用はあるものの、なんと今では抜け落ちた髪も生え、少しふっくらとし顔色も良くなり、元気な姿に戻ったのだ。父を救ったオブジーボがノーベル賞に選ばれたことを嬉しく思うとともに、多くの患者がこの新しい治療薬で元気になる日が来ればと願っている。




contact 人を喜ばせること

2018.10.05(Fri) A・Hさん(♀)

皆、東京ディズニーリゾートへ1度は行ったことがあるだろう。東京ディズニーリゾートは恐らく日本で一番有名な遊園地であり、毎年来場者数を増加させている。驚くべきはリピート率でなんと98%を誇るという。何故こんなに高いリピート率を出せるのか。それは全て「人を喜ばせること」を徹底的に追求してきたからだそうだ。夢の国に居るような気分にさせる取り組みとして、キャストの徹底したお客様への態度などは勿論、シーズン毎に変わるパレードや飾り付け、逢えるキャラクターの変化など何回も来たいと思わせる為の工夫が随所にされている。TWSでは毎年、新しいメンバーと新しいプロジェクトに関わることが出来る。常に変化を追い求め成長していく姿勢は、ディズニーリゾートと重なるところがあるのではないか。TWSでもお客様からの要望に答えるのは当然のこととして、更に+αな「人を喜ばせること」の心遣いが出来れば、より成長し、ひいてはお客様に更に満足していただけるのではないだろうか。




contact 歌舞伎の歴史

2018.10.04(Thu) H・Sさん(♂)

先日、機会があって歌舞伎を観劇した。歌舞伎の名称の由来は「傾く(かぶく)」で、派手な格好をした者が常軌を逸した行動を取ることを指し、歌舞伎自体は女性の出雲阿国が祖となるそうだ。当初は「かぶき踊り」と言う名で遊女との遊びを演じ、今よりもっと蠱惑的な踊りであったらしいが、それが段々と時代と共に変化していき、現在の「野郎歌舞伎」と言われる成人男性が演じるものに落ち着いたとのことだった。歌舞伎は約400年の歴史があるが、無形文化遺産として登録されたのはおよそ10年前とまだ日が浅い。最近は、年配の方だけではなく若者にも気軽に親しんでもらう為、低価格のチケットを販売したり、また海外公演も積極的に行っているそうだ。歌舞伎という日本古来の伝統芸能が、時勢を読んで常に変化し続けようとするそのスタンスには驚きと共に尊敬を感じる。私もTWSの社訓にある通り「常に時代をリードする」為に、色々な文化に触れ人間性を豊かにしていきたい。




contact 点で動かず、線で動く

2018.10.03(Wed) M・Iさん(♀)

先日、お客様先へ訪問したところ、来年度の内定式が行われるとのことで、まだスーツ姿に慣れていない若者が多く見られた。私はTWSへ入社し勤続年数が丸8年となった。当時は上司から指示を受けた事をどれだけ正確に実施するかに注力していたが、ある日「点で動くな、線で動け」と叱られた。その時は何故叱られているのか分からなかったが、つまり指示されたことだけをするのではなく、指示の理由、何が求められているか、どうしたらより良い結果が得られるかを考えて行動しろという意味であったと今では分かる。ただ一生懸命に業務をこなしていただけだと思っていたが、入社前の若者と自分を見比べ、いつの間にか成長出来ていたと感じた。今年も残すところ3ヶ月となるが、初心に戻って、更により良い結果が出るよう最後まで邁進していきたい。




contact 少子高齢化社会

2018.10.02(Tue) Y・Kマネージャ(♂)

先日、都内を歩いていると外国人の姿が多い事に気が付いた。今の日本は少子高齢化が進んでおり、あと数年で3人に1人は65歳以上になるそうだ。私が学生の頃に1億2千万人を突破したと話題になっていたが、少子高齢化が進むと人口は減り、あと40年程で日本の総人口は1億人を切ると言われている。既に少子化の煽りは社会経済にも出ており、空前の売り手市場のため就職活動では学生側に主導権があるという話だ。実際にコンビニエンスストアや飲食チェーン店のアルバイト等に日本人が集まらず、その代わりに外国人が多く就業するようになった。現在、日本には約230万人の外国人が住んでいるとのことだが、日本は単一民族国家ということから、あまり海外の人には慣れていない傾向にある。国が違えば文化や習慣など色々と違うことも多いだろう。しかしそれを忌避するのではなく、社訓にもある通り、進んでコミュニケーションを取って自己啓発を進め、常に時代をリードする力を身につけることが大切ではないだろうか。




contact 逆境を乗り越える

2018.10.01(Mon) 迎社長(♂)

私は普段なら簡単に出来るようなことが出来なかったり、うまくいかなかったりした時は神様からの警告だと受け取っている。そこで無理をしたりいい加減なことをして物事を進めてもいつか必ず失敗するだろう、そう神様が言っているのだ。明日から始まるISO審査も同じ。普段からの心掛けが一番ではあるが、抜け漏れもあるだろう。昨年と同じと考え、適当な準備であれば審査は通らないことを肝に銘じなければならない。先日、貴乃花親方引退のニュースが流れてきた。貴乃花親方は現役時代、若貴ブームを巻き起こし、下火になっていた大相撲界を牽引したが、横綱や親方になる際、その後も様々な形でニュースに取り上げられることが多かった。しかしどのような逆境も毎回土俵際で問題を引っくり返し突き進んできたが、さて今回はどうなるのか。TWSも10月に入り、RIMS事業の譲渡を無事に締結することが出来た。8月からここまで色々と難しい問題もあったが、貴乃花の土俵際の粘りのような社員一人ひとりの頑張りもあり、なんとか無事にここまで漕ぎ着けられた。今後もしっかりとした準備と昨日よりも一歩進んだ改革とをもって逆境を乗り越え、その先に1ステージ高みに上がった未来が広がるだろう。

ISOの認証取得なら株式会社TWS総合研究所 仮想化セキュリティの決定版 CS-TWiSt

Page Top

Copyright © 2019 (株)テイルウィンドシステム All rights Reserved.