テイルウィンドシステム 立川市のIT求人 コンサルティング、設計、開発

会社概要

  1. Home
  2. /
  3. 3分間スピーチ
  4. /
  5. 新入社員に送る、この一年間を充実させる成功のポイント

新入社員に送る、この一年間を充実させる成功のポイント

K・U取締役(♂)

毎年4月になると、フレッシュな新入社員の皆とふれあい、とても新鮮な気持ちになる。そこで、この一年間を充実させる成功のポイントを伝えたい。私が新入社員の時に、先輩から「新入社員の中で、一年で劇的に成長できる人と、そうではない人の大きなポイントは何か?」と聞かれた。その先輩曰く「教わり上手」になることであった。そして、その「教わり上手」になる為には、更に3つのポイントがある。一つ目は、教えてくれる人を早く見つけることだ。その為には、まずは自分を知ってもらうことが重要であり、自分を知ってもらうには積極的に先輩や上司とコミュニケーションを取り、その中で話がしやすい、聞きやすい人を見つけると良いだろう。二つ目は、感謝の気持ちを形で表わすことだ。教えてもらった際のお礼は当然のことながら、教わったことを実行した結果や成果などを、改めてお礼と共に伝える。それによって、教えた側も教え甲斐を感じ、その後も快く教えてくれるはずだ。三つ目のポイントは聞き方である。不明点を聞くときも“答え”ではなく“答えの出し方”を聞くことが大切だ。例えば「XXとは何ですか?」と聞くのではなく「XXが分からないので、調べ方を教えてください」と聞くのだ。答えを聞いてしまうと、都度、聞く必要になってしまい、答えの出し方を聞いておけば答えにたどり着くまでの応用力を付けることが出来る。単に「教わり上手」と言ってもこのように様々なポイントがあり、これらを実践し、実りある一年となることを切に願う。