テイルウィンドシステム 立川市のIT求人 コンサルティング、設計、開発

会社概要

  1. Home
  2. /
  3. 3分間スピーチ
  4. /
  5. 日本とスウェーデンの違い

日本とスウェーデンの違い

Y・Aさん(♀)

「男性が家事・育児を積極的に取り組むマインドを身に付ける」がテーマとなった素敵なサイトがある。男性の育児といえばスウェーデンの記事をよく目にするが、スウェーデンに限らず北欧の育児体制と幸福度は世界一だとよく聞く。日本とスウェーデンで男女の家事・育児分担を決定する考え方の違いについて、興味深いものをいくつか挙げる。日本では「家庭の中での効率性から最適解を見つける」のに対し、スウェーデンでは「社会全体の効率性から、家庭内の最適解を求める」という考え方が浸透しているようだ。今でこそ日本では家事育児は得意な方が行った方が効率的であるという考え方であるのに対し、スウェーデンでは家事・育児分担は、どちらが仕事にウェイトを置く方が効率的かという観点から決定する為、家事・育児分担が偏る状況が生まれにくいそうだ。また近年、日本でもよく聞くようになった「ワークライフバランス」とは、仕事を充実させるためにプライベートも充実させようという考え方に対し、スウェーデンでは仕事とプライベートを分けて考えるのではなく“統合“して自分にとって心地の良いバランスに調整する「ワークライフインテグレーション」という考え方が広く浸透している。まだまだ日本は「男性育児」に対しての偏見が根強く、発展途上ではあるが、社会全体で推進していくことで皆が平等に暮らしやすい世の中になっていくことを願う。