3分間スピーチ

3分間スピーチ

報連相のおひたしね

N・Kさん(♀)

「報連相のおひたし」という言葉を知っているだろうか。報連相は報告・連絡・相談で仕事をスムーズに進める上で欠かせない社会人の基本として知っている方も多い。しかし、報連相に続く「おひたし」は聞いたことが無いという方も多いだろう。「おひたし」とは”怒らない・否定しない・助ける・指示する”の頭文字を取っており、報連相をしてきた相手に対しそれを受ける側の態度の心得である。良い見本として千と千尋の神隠しの1シーンがある。それは橋を渡る際に息をしてはいけないと注意を受けた主人公がそれを守れず、注意をしてくれた相手に謝罪する場面だ。謝罪を受けた相手は「君は頑張った。これからどうすれば良いのか教える」と怒らずに相手を受け入れ、そして今後の行動を指示して主人公を助けるのだ。私がTWSに入社してから7年が経ち、報連相をする側から受ける側へと少しずつ立場が変化している。私は報連相のおひたしにもう一つ「ねぎらう」も追加して、「報連相のおひたしね」を意識し円滑に仕事を進めて行きたい。

3分間スピーチ

知名度を高める

2019.10.21(Mon) M・Iさん(♀)

ラグビーW杯が盛り上がりを見せていた。
残念なことに昨日、決勝トーナメントにて南アフリカに負けてしまったが、予選リーグを突破しベスト8になれたことは歴史的快挙といっても良いだろう。
気になったのは昨夜のTV放送で実況していたアナウンサーが「”にわかファン”が増えて嬉しい」と発言していた事だ。
「にわかファン」とは世間で流行している人物や事柄について深くは知らないが急に好きになることであり、あまり良い意味としては使われない。
しかし、ここでは悪い意味ではなく、つい先日まで人気の無かったラグビーが急な盛り上がりを見せ、
一気に知名度が上がったことを歓迎する意味で使っていたのだ。
私が所属しているTWS総合研究所ではISO取得に関するコンサルを生業としている。
ISOを取得したいと考えている企業は多いと思うが、知られていなければ引き合いも来ない。
TWS総合研究所という会社が何をしていて、どんな役に立てるのかを知っていただく為にも、知名度を高める活動を積極的に行っていきたい。

3分間スピーチ

自分の価値とは

2019.10.18(Fri) H・S統括部長(♂)

私がTWSに入社した当時に考えていた30歳を越えた時の自分はテキパキと指示を出し、
円滑に仕事をこなしている様子を思い描いていたが、現状はどうだろうか?
売り上げが上がらず悩んでいたとき、社長から「売り上げが上がらないのなら価値ある仕事をするべき」と助言をいただいた。
その言葉に感銘を受けたと同時に価値とは何か?自身の価値とは何か?について考えてみた。
価値とは「どのくらい大切か、またどのくらい役に立つか」を意味しており、
自分を必要としてくれるお客様が多いほど価値があるのではないかと考えた。
仕事に付加価値をつけ、お客様を増やすことで自身の価値が上がり、ひいては企業価値に繋がっていくのである。
しかしお客様が増えるに従い、ミスが増えてくる事もある。
その時に原因追究を後回しにし、簡単に片付けてしまうことはないだろうか。
するとまた同じミスを繰り返し、些細なミスの積み重ねが、取り返しのつかない問題が引き起こしてしまう。
失敗は誰にでも起こりうることだが、失敗をしたときこそ原因追究、再発防止策を自身で考える癖をつけることが大切である。
会社の発展を求めるなら、各々が価値ある人にならなければいけない。
求められる人=価値のある人であり、皆も個々で求められていることを理解し、
オンリーワンの価値がある人間になれるように意識して仕事に取組んでほしいと思う。

3分間スピーチ

プラス思考に変えていく

2019.10.17(Thu) K・Sさん(♀)

皆さんは「精神病」と聞くと何を思い浮かべ、どう思うだろうか。
多くの人は自分とは関係なく、一部の人だけが患う病気と思うかもしれない。
代表的なところではうつ病がある。うつ病は、真面目で・責任感が強く・完ぺき主義で、でも自分に自信が無く落ち込みやすい人がなりやすい傾向にあると言われている。
ちょっとした環境の変化でもなりやすく、誰でも陥る可能性を秘めている。
主な要因はストレスだが、ストレスの発散には睡眠が良いとされている。
しかしうつ病の症状として不眠が出てしまうと睡眠時間が少なくなり肉体的にも追い込まれてしまう場合がある。
私も不眠症になりやすく夜中に何度も起きてしまう症状に長年悩まされている。
睡眠時間を十分にとれないと焦りや不安が募り、更にストレスに感じて落ち込んでしまうのだ。
今は、夜中に目が覚めてしまっても、早く寝ないといけないというマイナスの考えではなく、
逆に試験勉強などをすることにより時間を有効的に使うことでプラスの考えを持つよう意識を少し変えている。
普段から規則正しい生活をし、物事をプラス思考に考えられるよう心がけていきたい。

3分間スピーチ

台風19号での経験

2019.10.15(Tue) T・Yさん(♂)

先日、数十年に1度と言われる非常に強い台風19号が日本を直撃し大変な爪あとを残していった。
私の居住地も例外ではなく、家が多摩川から徒歩3分程度にあることから、常にWEBで多摩川の水位を見ていた。
段々と上がっていく水位に恐怖を覚えていたところ、14時頃に避難勧告が出た為、早々に人生で初めて避難所へ避難した。
驚くことに避難所はすでに半分程度埋まっており、私が来た1時間後には満員となるほどであった。
避難所では氏名を記載した後マットや食事などが提供されたが、避難所の方は恐らく行政の方だとは思うが、私と同様の被災者の方だと思われる。
皆さん、優しく声掛けやテキパキと動いたり、他避難所との連絡を取るなどをして秩序が保たれていたのは素晴らしいことだ。
外部のボランティアさんが来てくれるまではこうして地域の方々が協力し合って乗り越えていかなければならないのだと気付いた。
それに引き替え、自分は完璧だと思っていた準備にも備品の抜けがあったり、体調管理不足があったりと今思うと不甲斐ない状態であった。
会社でも災害時のボランティア知識を習得したりしているが、災害発生中においても、どう準備し対応したら良いのかを検討し
「もしも」の時に備えたい。

3分間スピーチ

考え方を変えてみよう

2019.10.11(Fri) K・A部事業部長(♂)

先日、テレビで81歳の現役イラストレーター田村セツコさんの特集を見た。
田村さんは原宿系といわれるロリータファッションに身を包んだ服装もイラストも可愛らしい女性で、
常に首からペンとメモを下げ、アイデアが浮かぶとすぐにメモを取る81歳とは思えない程アグレッシブな方である。
実は、田村さんがそのアグレッシブな姿勢と考え方をするようになったのは親の介護を経験したからだそうだ。
親と妹の介護、そして仕事との板ばさみで苦しく辛い状況に陥り、一時は自殺も考えた程に追い詰められたという。
しかし、辛いという気持ちを一転して「楽しい」という感情にしてみようと考えたことが今の姿勢に繋がっているのだそうだ。
TWSでも忙しい日々を送り、不安や大変さを辛いと感じてる人も居るだろう。
しかし、田村さんのように考え方を「楽しい」や「新しいことへの挑戦」と少し変えてみてはいかがだろうか。
辛さや大変さをポジティブな気持ちで楽しめる。
その考えをTWSでも広め、明るい雰囲気を作って行きたい。

3分間スピーチ

自分の役割をこなす

2019.10.10(Thu) M・Mさん(♀)

日本で開催しているラグビーW杯が盛り上がりを見せている。
かくいう私もすっかりラグビーの虜となってしまい、試合結果を楽しみにしている毎日だ。
ラグビーは野球やサッカー等とは違ってポジションによって背番号が決まっており、
背番号を見れば誰がどのポジションについているかが分かる競技だ。
ラグビーのポジションはフォワードと呼ばれる8名とバックスと呼ばれる7名で構成されている。
ラグビーというとがっしりとした体格の良い男性を思い浮かべがちだが、実際には後方から敵陣まで走り抜ける足が早い人、
空中戦を制する背の高い人、司令塔となる頭の良い人、小柄でパス回しの上手い人など、
多岐に渡る体格の人が参加しており、それぞれが自分の役割をこなすことによって得点に繋がるのである。
私が総務を担当してから約1年。当初は言われるがままに業務をこなしていたが、総務のメンバも増えてそれぞれの担当分野も明確になってきた。
チームとして成功するためにも、まずは専任としての意識を持ち、自分の役割をきっちりとこなしたい。

3分間スピーチ

プロフェッショナルであれ

2019.10.09(Wed) Y・M統括部長(♂)

先日、担当しているお客様先に訪問したのだが、出迎えていただいた時の優しい言葉と貫禄ある態度に圧倒された。
そのお客様先では扉を開いてすぐに「プロフェッショナルであれ」「気概と実力」「納得するまで調べ考えること」の
3つのスローガンが掲げられているのが目に入る。
実際に、納品したシステムで原因不明の障害が発生した際にも、お客様先にて障害対策チームをいち早く組んでいただき早期に解決することが出来た。
このように誰に言われるでもなく社員一人ひとりがプロ意識を持って責任ある行動をしているからこそ、
圧倒的な存在感とオーラが醸し出せるのではないだろうか。
TWSも社員が200名を超え会社から企業へと変換の時期を迎えている。
お客様の良い所もどんどん取り入れて、10年、20年先には「ここにTWSあり」と言われるようなプロ意識の高い存在感のある企業へとなっていたい。

3分間スピーチ

作業と仕事の違い

2019.10.8(Tue) D・Sマネージャ(♂)

作業と仕事の違いとは何か。
作業とは事前にやるべきことが明確になっており、その達成に向けて行動することで、
仕事とは自分で道筋を立て価値を作っていくことだと私は思う。
仕事をする上で作業が発生することはあるが、この二つは似て非なるものだ。
例えば、エクセルでの入力作業を効率化する為にマクロを駆使して簡略化することは作業の観点である。
簡略化された事で空いた時間を新たに仕事を進める為に使うのであれば仕事になると考える。
自分が行った作業が受け取り手にとって、どれだけ価値があるものかを工夫することは仕事の観点であろう。
この似て非なる仕事と作業の意識は人によって違う事もしばしばだ。
そしてそのずれが解消されないままでは、正当な評価がされないと感じる等、多々問題も発生してくる。
社訓にもあるとおり、個人と会社の目標を一致させ、自分にしか出来ないことを探していきたい。

3分間スピーチ

灯りの起源

2019.10.07(Mon) M・Uさん(♂)

先日、家の蛍光灯が切れてしまった。
実は蛍光灯が発明されたのは1856年、普及したのは1940年以降になってからと最近のことであり、
それまでは蝋燭がずっと使用されていた。
蝋燭の起源は古く、約2300万年前のツタンカーメン王の墓から蜜蝋が出土されている為、それ以前から使われていたと推測される。
それからも19世紀に入って、ガス灯が発明されるまでの長い間、暗くなってからの灯りは蝋燭頼りであった。
火の光は温かみのある優しい灯りではあるが、火事や一酸化炭素中毒の可能性など危険も多い。
その点、蛍光灯で危険が少なくなったことは素晴らしいことであっただろう。
近年では当たり前のように手に入るなったが、先日の台風上陸で何日も電気が使えない日々が続くことは想像を絶する不便さであろう。
改めて灯りを得られる事の尊さを感じ、この便利さに甘んじず、私自身も皆を照らす、無くてはならない存在になっていきたい。

3分間スピーチ

事前準備が成功を決める

2019.10.04(Fri) T・M執行役員(♂)

先週、息子の通う学校の運動会を参観してきた。
息子の学校は全校生徒が約200名程で決して多い人数ではないが、運動会のプログラム約20個程がほぼ時間通りに行われ、閉会式まで終了したのだ。
参加者は子供で、ましてはイベントにはトラブルも付き物な中で、どうしてここまで正確に遂行出来たのだろうかと不思議に思い、
息子に確認すると、競技や出し物以外の行進や移動の練習も行っていたそうだ。
確かに自分も子供の頃、体育の授業はもちろん、全校生徒でも練習を行っていた。
当たり前のように終わったように見えるが、万全の事前準備があったからこそ成し遂げられた結果であろう。
TWSでは毎月、月初に全体会議を開き各部の進捗等を発表しあうが、最近は機材の不調などでの時間遅れなど
準備が足りてない様子が見受けられる。
準備8割、本番2割という言葉もあるが、事前準備をどれだけ行えたかが成功に関わってくるのだ。
今月末には全社員研修が行われる。
この研修は来年度のTWSを成功に導く為の準備として実施する大切な研修だということを意識しながら受けてもらいたい。

3分間スピーチ

知識・経験・知恵

2019.10.03(Thu) S・Kさん(♂)

以前のスピーチで、K・U常務取締役が「経験では人は成長しない、経験を振り返ることによって人は成長する」と仰っていた。
それを聞いて私も前職の上司に、言葉は違えど、同じ意味合いのことを言われたことを思い出した。
人を成長させるのは「知識と経験、そしてそれを使う知恵である」と。
知恵とは単なる学問的知識のことではなく、経験によって培われた物事の道理や道筋を理解し正しい判断を行うことが出来る
能力のことを言うそうだ。
当時の私には知識も経験も無かった為、あまりピンと来なかったが、十数年経った今、
もう一度その言葉を思い返してみるとしっくりと自分の中で捉える事が出来た。
改めて、人は経験によって成長するのではなく経験を振り返り、その経験を活かすための”知恵”を学ぶことで成長するのだと感じた。
皆も年末に向けて忙しい日々を送っていると思うが、時には過去を振り返って、
そこから知恵を学び取ってみてはいかがだろうか。

3分間スピーチ

本題とは何か

2019.10.02(Wed) Y・O執行役員(♂)

先日、開かれた気候行動サミットに日本から小泉進次郎環境大臣が参加した。
しかし連日流れるニュースはセクシー発言やステーキを食べた等、環境のことには少しも触れていない内容であり、
大変残念な気持ちになった。
国民のニーズなのか、メディア側が意図して流しているのかは不明だが、問題の本質を見失ってはいないだろうか。
気候変動サミットはその名の通り温暖化や環境問題を議論する為のサミットであり、
日本としても具体的な政策を述べる事で存在感を見せていかなければならなかった。
TWSでも最近、問題の本質を見失っている会議等が散見される。
ただ、だらだらと意味もない議論をしても物事は良い方向には向かわない。
何故この会議が必要なのか、本来はどうあるべきなのか、そして最終目標は何なのか。
お客様からの要望に応える際も、単に先方が言っている事だけに対応すれば良いのではなく、
何故このような要望が出るのかも含め、目先の問題解決だけでなく、その先にあるものを見据えれば自ずと見えてくるものがあるはずだ。

3分間スピーチ

最終列車の発車時刻は・・・

2019.10.01(Tue) 迎社長(♂)

本日から消費税が8%から10%へと引き上げられた。
ご存じの通り、この増税は高齢化が進んで社会保障が嵩み1,000兆円という莫大な借金を抱える
日本の苦し紛れの財源捻出政策だが既にある借金はどうやって返していくのだろう。
15年前、IMF(国際通貨基金)にて50歳が人口の50%を超えると国としての抜本的な改革が出来なくなるという
独自の定義を打ち出した。
日本は既にその基準である半数以上の56%が50歳を以上だそうだ。
日本の年金改革行き最終列車の発車時刻は・・・。
今回の増税を実施するにあたり、安倍首相は「今後10年は再増税は不要」と主張。果たして・・・。
TWSも設立から15周年を迎え、みんな確実に歳を重ねており、5年後10年後には社員構成も更に変化している事だろう。
そんな中、昨年よりeRIMSという金融機関向けパッケージ商品を軸に事業拡大しているが、
今や社員だけで200名を超え、家族を併せると300名を優に超える。
社員、そしてそのご家族の幸せを守るために、今こそ「会社から企業へ」を実現して生き残っていかなければならない。
TWS改革行きの最終列車の発車時刻は?まだ十分間に合うはずだ!

3分間スピーチ

次に繋がる仕事を

2019.02.05(Tue) M・Iさん(♀)

2019年も早いもので、年が明けてから一ヶ月が過ぎ、私が担当しているTWS総合研究所の教育事業部では、2019年度の研修の相談を頂くことが増えてきた。
認証取得で一旦区切りのつくコンサルとは異なり、教育は新規の依頼だけでなく、継続して依頼を頂く事も多い。
しかしこれは当たり前のことではなく、お客様がなぜ研修を取り入れるたいかという意図を読み取り、お客様の期待以上の研修をする事が次に繋がるのだと考えている。
勿論それは講師だけではなく周囲の人間がサポートしてこそ成り立つものだ。
お客様や講師と密にコミュニケーションを取る事で、次もお願いしたいと思っていただけるように努めていきたい。

3分間スピーチ

事件の発端は思いやり不足

2019.08.30(Fri) M・Tさん(♂)

昨今世間を賑わせている煽り運転とは、車間距離を必要以上に詰めたり、
幅寄せや蛇行運転クラクションやパッシングでの威嚇等を走行中の車に行い、
重大な事故を生じさせる可能性がある大変危険な行為のことだ。
何故、彼らは煽り運転をするのか。
その原因を紐解いていくと、被害者側の思いやり不足も原因の一つにあるようだ。
例えば道を譲ったのに感謝を表すハザードや目礼が無かった、追い越し車線でノロノロ運転をしていた等だ。
勿論それに逆上して煽り運転をするのは絶対にダメだが、被害者側の思いやりや配慮一つで事件を未然に防げた可能性もあるということだ。
運転しない人では電車内でのちょっとしたいざこざを思い出して欲しい。
満員電車から降りる時に一言「降ります」と一声かければ、周りの人も気持ちよく道を空けてくれるはずだ。
家庭内で言うと、私も結婚当初にしていた妻に対する感謝や気遣いが減っている事もあり反省しきりだ。
TWSの社訓に「人と人とのコミュニケーションをとり社会に貢献する」という一文がある。
相手への配慮を忘れずコミュニケーションを密に取る事ができれば、皆が気持ちよく過ごせる社会になるだろう。

3分間スピーチ

鳥取県ロボットプログラミング体験会

2019.08.29(Thu) N・H支店長(♀)

今週末に鳥取県情報産業協会が主催するプログラミング体験会の講師として出席する。
来年から小学校でもプログラミング授業が始まることもあり、昨今はプログラミングに多大な注目が集まっているのを感じる。
特にWRO(World Robot Olympiad)という小学生を始めとした学生が主体のプログラミング大会は、
レゴブロックでロボットを作成し、そのロボットへとプログラミングを入力して自動制御する技術を競う大人顔負けの本格的な大会であり、
鳥取県でも来年度から予選会を実施したいと検討しているようだ。
今回の鳥取県ロボットプログラミング体験会も、小・中・高校生が参加し熱い戦いが繰り広げられる。
先日、体験会の壮行会に参加してきたのだが、会場では大人も子供も年齢の垣根無く話が弾んでおり、
普段はなかなか会わないであろう学生達や講師の方達とも交流できる良い機会にもなった。
本番である今週末に向けて私も準備をしっかりと行い、プログラミング大会を成功に導きたい。

3分間スピーチ

闘戦経

2019.08.28(Wed) H・Nさん(♂)

平安時代の兵法、闘戦経の32章に「戦国の主たる者は、疑を捨つ。権を益するに在り。」という一文がある。
意味は、組織は一人で作るものではなく周囲に人が集まることによって作られる。
そして自分の下に集った仲間を疑うのではなく信頼をすることによって自分の権威や人徳が増し、
更に組織が大きくなるのだ、と説いている。
歴史でも、かの有名な豊臣秀吉が北条氏を攻める際、北条氏と同盟関係にあった伊達政宗を呼びつけて一緒に戦うことを促した。
その際、秀吉は政宗に刀を持たせたまま背を向けることで信頼の意を表した。
伊達政宗はそれを「天下人の振る舞いだ」と感服して仲間になったという話がある。
TWSもこれから企業として成長していく上で、どんどん人が集まり仲間が増えていくだろう。
しかし集まった仲間に強制や命令をしても反発するだけだ。
自分から積極的に動き、皆にも気持ちが伝わるようにしていきたい。

3分間スピーチ

よりスピーディに

2019.08.27(Tue) Y・Y専務取締役

今年も残り4ヶ月となり、既に来期に向けての準備が始まっている。
今年は上期が好調だったのが一転し、下期は思い通りの結果を出せていない。
毎年不調のイメージがある8月であったが、昨年には8月でも相当な受注を上げており、今年との差は一体何なのかをしっかりと分析しなければならない。
好調な時は好調の理由を、不調な時は不調の理由を洗い出し共有する事で次に繋げなければならない。
営業部が新体制になって2年が経ち、以前は出来ていなかった情報共有化は成功していると感じている。
お客様からもスピーディに対応出来ていると褒められることも有り、若いメンバとの円滑なコミュニケーションが決め手ではないかと考えている。
つまり、好不調の原因を皆で洗い出し共有化する事が今後のカギではないだろうか。
今、この結果を出せていない状況をきちんと精査し、残り4ヶ月、妥協することなくよりスピーディな対応で巻き返しを狙っていきたい。

3分間スピーチ

4つの「不」を取り除く

2019.08.26(Mon) Y・Yさん(♂)

思い返せば営業の仕事を始めてから48年が経過した。営業として仕事をする中で大切にしていることがある。
それは入社間もないころにで教わった「4つの不」という言葉である。
営業として受注するには「4つの不」をどう取り除いていくかが重要だというものだ。
お客様は認知→想像→検討→合意の心理を乗り越えて成約にたどり着く。
この心理変化を妨げる壁が、不信・不要・不適・不急の4つの「不」である。初対面の相手にはどうしても「不信」がつきまとう。
この「不信」信頼に変えていかなければ始まらない。
「不信」を取り除くと「不要」という問題がでてくる。お客様に「不要」であると判断されないために、製品の魅力を理解してもらえるような説明をしなければならない。
次に自社には合わないという「不適」を指摘され、個々の会社に適した提案や競合との差別化を重要視していかなければならない。
最後に、急いで買う必要がないという「不急」問題がある。この問題は定着化も含めてスケジュール感を提起することが大切である。
つまり「4つの不」を全て取り払うには最低でも5回はお客様と面会する必要があるのだ。「商い」をする為に「飽きないで」通い続けることを信条に、今後も取り組んでいきたい。

3分間スピーチ

成果を出す

2019.08.23(Fri) K・Sさん(♂)

私がTWSに入社した初日、全社員対象のISO研修に始まり、午後はボランティア活動という1日だった。
驚いたのはボランティアに社全体で力を入れていることだった。
フードバンクや手話口座、エコキャップ推進など、それまでボランティアは業務ではなく個人の活動範囲だと思っていた私は大きな驚きと共に、見返りなく社会貢献できることが素晴らしいと感じた。
業務では研修も兼ねたパッケージ開発のテストやマニュアル作り、
要件定義の作成など、日々の業務が目まぐるしく変わり常に新しいことに挑戦させていただいている。
私も以前から技術者として30年間スキルを磨いてきたが、TWSは他社が数年かかってやるようなことも、
数ヶ月でこなしてしまうスピードが強みだ。
私も今は後手に回ってしまっている色々な開発言語をマスターし、
何か一つ「○○については私に聞けば大丈夫だ」とまで言われるような成果を出していきたい。

3分間スピーチ

当たり前の反対は

2019.08.22(Thu) Y・M顧問(♂)

当たり前の反対は「なぜ?」という疑問だと私は思っている。
常日頃、当たり前だと思って享受している便利なことは多々あるが、その当たり前は様々な「なぜ?どうして?」という疑問から生まれたからである。
20年前以上前に社内で特許出願アイデアを公募していた頃に出したアイデアには、1台ずつ電話の受信音が変えられる物や、鳴っている電話のライトが光って天井を照らす電話などがあった。
広いオフィスに数多くある電話のどれが鳴っているか分からず困った経験から、どうやって目当ての一つを探し出せるかを考えた結果だ。
特許を取るには至らなかったが、このような小さな思い付きがやがて世間の当たり前へ繋がるかも知れない。
当たり前を当たり前と思わず、疑問を持つことで業務改善に繋がったり新しいアイデアが浮かぶことは多い。
皆も便利になった世の中の恩恵をただ受けるだけでなく、日頃から「なぜ?どうして?」と疑問を持ち、小さなアイデアを沢山創造してもらいたい。

3分間スピーチ

夢の実現に年齢は関係ない

2019.08.21(Wed) S・Sさん(♀)

皆は「夢」を持っているだろうか。私には夢が二つある。
一つは地元の地域で子供たちに対してアートセラピーの場を作ること。
そしてもう一つはここ、TWSにおいてアートセラピーを実践することだ。
そもそも、アートセラピーを始めようと思ったきっかけは、システム業界に従事していたことによる。
この業界は心を病んでしまう方が多く、身近でも多数の方が心の病で働けなくなったり、退職となってしまったりと私自身も心を痛めていた。
そこで、そういった方達の手助けに少しでもなればと考えたからだ。
独自で学習を進め、一昨年には社内で行われた新規事業コンテストに部のメンバと共に提案し、MVPを取ることが出来た。
昨年には社内でアートワークセラピーを実施し、夢に一歩近づくことが出来た。
夢を持つことに年齢制限はない。
子供たちはもちろん、大人でも、どんな自分になりたいかをしっかりと想像し、夢を実現していってもらいたい。

3分間スピーチ

インシデントにご注意を

2019.08.20(Tue) Y・Yさん(♂)

実は夏季休暇中に財布を失くしてしまった。
帰省のために飛行機を予約していたのだが、その前に会社の先輩や同僚と遊びに行っており、出発が遅れてしまったために飛行機に乗り遅れてしまったのだ。
楽しい思い出が一気に焦りに代わり、その焦りや、代替飛行機の手配などの手続きに奔走した結果、気付いたら財布を紛失してしまっていたのだ。
休暇に入る前、上長より、インシデントには気をつけるようにと口を酸っぱくして言われていたこともあり、紛失した財布には会社関連の物は何一つ入れていなかったとはいえ、
自分の所有物を紛失してしまったことは間違いない。私としては常日頃から注意していたつもりではあったが、
浮ついた気持ちや焦りが注意散漫を呼び、インシデントを起こしてしまったと考える。
結局、財布は遺失物として届けられて見つかったのだが、このことを教訓として「自分の持ち物を把握する」「肌身離さずに持ち歩き手放さない」「心に余裕を持たせる」ことを再度徹底し、もう二度とインシデントは起こさないようにしたい。

3分間スピーチ

帰省して思うこと

2019.08.19(Mon) K・Tさん(♂)

夏季休暇を利用して実家へと帰省し、大学時代の友人と会った。
大学時代の一番記憶に残っている思い出は、大学祭だ。
自身の成長の機会と思い、実行委員に立候補し、バンドライブの音響委員の委員長をすることになった。
しかし、会場配置や必要資材など何もかもが当然ながら未経験の為、うまく進める事が出来ずに困っていた。
また性格的に誰かに相談することが出来ずに問題を抱え込んでしまっていたのだが、見かねた友人が声を掛けてくれた事でどうにか先へ進むことが出来、
周りに迷惑を掛けつつも成功に漕ぎ着けられたのは達成感と共に苦い想い出にもなった。お盆の時期ということで、2年前に他界した祖父の話しにも及んだ。
中学生の頃から会わずにいたのだが、結局亡くなるまで会わず仕舞になってしまった。
祖母も80歳を過ぎており、両親もいつまでも側に居てくれる存在では無いのだ。
後悔をしない為にも年末にまた帰省し、自立した自分を見せ、出来る限りの祖父母孝行をしたい。

3分間スピーチ

非常識が常識に

2019.08.09(Fri) Y・Yテクニカルエキスパート(♂)

東京オリンピックまで1年を切り、巷ではオリンピックの話題で持ちきりだ。
オリンピックと言うと、私はリチャード・ダグラス・フォスベリー選手を思い出す。
リチャード選手走り高跳びの選手で、1968年のメキシコオリンピックで優勝した。当時の跳び方はベリーロールが主流であったが、リチャード選手は記録が伸びず壁に当たっていたそうだ。
如何にして高く飛ぶかを研究していたところ、背面飛びにたどり着いたのだが、当時は周囲から非常識であると非難の言葉や冷ややかな目で見られていた。
しかし、彼は誰にも屈せず、背面飛びに磨きをかけていった結果、見事オリンピックという大舞台で2m24cmという大記録を叩き出し金メダルを手にした。
このメキシコオリンピック以降、背面跳びは彼の名前か「フォズベリー・フロップ」と呼ばれるようになり、今では走り高跳びの「常識」となっている。
周りから非常識と言われようとも信念を貫き通し世界の非常識を常識に変えた感動した。
今の常識であってもそれが必ずしも最善とは限らない。
仕事においても時代やその時の状況により最善のやり方を模索し、物事を進めていくことで劇的な改革にたどり着けるかも知れない。

3分間スピーチ

勤務態度を見直す

2019.08.08(Thu) T・Fさん(♂)

先日、ある協力会社社員の勤務態度が問題になった。
朝は時間通りに出勤し、早退、欠勤等もないのだが、出勤してすぐにパンを食べていたり、スキルに不足があっても自ら勉強するなどの努力をせず、ただ一日何もせず座っているだけだったそうだ。
勿論、その人の契約は解除となり、所属先にもペナルティが課せられた。
就業時間は業務をする為の時間であり、1分単位で給与が発生していることを忘れてはならない。
皆も朝、時間通りに出勤すれば大丈夫だと思っていないだろうか。
時間通りに出勤するのは勿論だが、業務知識をより深く知るための努力を是非してもらいたい。
知識を得るために努力すれば自ずと勤務態度は良くなり、結果、皆から信頼を得られ、より良い職場環境が開かれるだろう。

3分間スピーチ

やり遂げる為に

2019.08.07(Wed) N・Oさん(♀)

暑くなってきた頃にダイエットを始めたのだが恥ずかしながら1週間で挫折してしまった。
振り返れば、私は一つのことを最後までやり遂げるという意志が弱いところがある。
家計簿や鉢植えのプランター等、買う時は意気込んで買うのだが、結局中途半端に止めてしまっていた。
何故、最後までやり遂げられないのか。これは具体的な目標や期限が無いだからだそうだ。
ダイエットもなんとなく痩せたいという曖昧な理由から始めた為、いつまでに何キロ痩せたいのか、何故痩せたいのか、痩せたら何をしたいのかが不明瞭であった。結果、今に至る。
これはダイエットに限らず仕事にも言えることだろう。仕事でも具体的な目標や期限を立てずにいると、中途半端な形にしかならない。
そのような仕事をしていてもスキルとしては身に付かず、いつか必ず自分自身に跳ね返ってくるはずだ。
何事においても目標や期限を決め、必ず最後までやり遂げていきたい。

3分間スピーチ

タイと日本の違い

2019.08.06(Tue) Y・Yさん(♂)

以前、1人でタイに旅行に行き、そこで多くの違いを感じた。まず最初にタイは日本に比べて物価がとても安い。
日本では一食に約1,000円前後かかるが、タイでは100円から200円程度でお腹いっぱい食べられる。
しかしこれが和食等の海外食となると高級品として一食3,000円前後と日本の3倍程度の金額がかかる。
次に驚いたのがバイクと車の交通量と歩行者用の信号機が無いことだ。
日本では当たり前にある歩行者用の信号機がタイには無く、タイミングを見計らって渡るのが一般的なのだが交通量が多いため交通事故が耐えない。
タイの交通事故数は世界ワースト3位を記録しており、日本の162位と比べると事故が多いのが分かるだろう。
3つ目に驚いたのは禁酒日が1年を通して8日程ありその日は一切のお酒が買えなくなることだ。
他にも違いを挙げればキリが無いのだが、同じアジア圏でもこんなに文化に違いがある。
これからお盆を迎え長期休暇を取られる方も多いと思うが、是非海外にも目を向け、たまには日本を飛び出して色々な文化に触れ、リフレッシュしてみてはどうだろうか。

3分間スピーチ

辞めない理由

2019.08.05(Mon) S・Kさん(♂)

私が先月まで参画していたプロジェクトは人の出入りがとても多かった。
IT業界は離職率が10%超で他の職種に比べて高いと言われているが、それが新卒ともなると3年以内離職率は30%程だそうで、およそ3人に1人は転職してしまうというから驚きだ。
TWSも毎年新卒が入社するが、離職率は10%弱と他に比べてとても低い数字である。
かく言う私も新卒で入社した一人だ。何故私がTWSを辞めないかと考えた時に真っ先に思い浮かんだのは「良好な人間関係」だった。
同期はもちろん先輩や上司に優しく時には厳しく教えられ、会社のイベントも去ることながら、プライベートでも飲みや遊びに誘ってもらったりと、会社という垣根を越えて仲良くしてもらっている。
人と人との繋がりを大事にする、このTWSの社風が入社直後の孤独感を和らげ、離職率を下げているのではないだろうか。
今、私は新しいプロジェクトに参画し、TWSの10年後、20年後を見据えた壮大な計画の下で業務をこなしている。
新卒として入社し、不安の中に居た私を暖かく迎え入れてくれたTWSに、今度は私が恩返しする番だ。

取得情報

ISO-27001

IS 578154 / ISO 27001

ISO認証取得

  • 立川本社
  • 鳥取支社
  • TWS総合研究所

認証範囲

  • コンピュータソフトウェア受託開発
  • システムエンジニアリングサービス
  • 情報システムの運用・保守 コンサルティング事業
  • トレーニング事業及び情報セキュリティ事業

ISO-9001

FS591336 / ISO 9001

ISO認証取得

  • 立川本社
  • 鳥取支社
  • TWS総合研究所

認証範囲:本社および鳥取支店にて行う以下の業務

  • コンピューターソフトウェア受託開発
  • 情報システムの運用・保守

ISO-9001

EMS602917 / ISO14001

ISO認証取得

  • 立川本社
  • 鳥取支社
  • TWS総合研究所

認証範囲

  • コンピュータソフトウェア受託開発
  • システムエンジニアリングサービス
  • 情報システムの運用・保守
  • コンサルティング事業
  • トレーニング事業及び情報セキュリティ事業

ISO45001

OHS 692647 / ISO45001

ISO認証取得

  • 立川本社
  • 鳥取支社
  • TWS総合研究所

認証範囲

  • コンピュータソフトウェア受託開発
  • システムエンジニアリングサービス
  • 情報システムの運用・保守
  • 株式会社TWS総合研究所
  • コンサルティング事業
  • トレーニング事業及び情報セキュリティ事業

プライバシーマーク

当社は、個人情報の適切な取り扱いを行う事業所にのみ許可される「プライバシーマーク」の付与認定を受けています。

セキュリティ対策自己宣言

株式会社テイルウィンドシステムは社員が働きやすい環境作りに取り組み、平成29年度の東京都ライフ・ワーク・バランス企業として認定を受けました。

テイルウィンドシステムグループ方針

プライバシーポリシー